ロバート秋山の「クリエイターズ・ファイル」は、こうして生まれた

ロバート秋山さんが架空のクリエイターに扮し、それぞれの仕事や生き方について語る、「honto+」の人気連載「クリエイターズ・ファイル」。独自路線を貫き、テレビ番組のお笑いとはひと味違ったこの企画はどのように生まれ、そしてどのようにつくられているのでしょうか?
美術、写真、文学、建築などのテーマについて作家活動を続けるアートコンシェルジュの山内宏泰さんが、その「美しさ」を探ります。

美をさがしもとめるのが生業である。

きょうは、こんなうつくしいものを見つけた。

ストイックな芸人魂と、それを受け止め大きな花にして咲かせる編集者の業。

ロバート秋山竜次の大ヒットネタ

 たとえば、ファッション界の先端を泳ぎ続けるトータル・ファッション・アドバイザーのYOKO FUCHIGAMI。

 または、人気子役で「劇団えんきんほう」に所属する上杉みち。

 これらの人物、見覚えや聞き覚えのある向きも多かろう。

 実在はしないのだけど、いかにも「どこかにいそう」なクリエイターたち。お笑いトリオ・ロバートの秋山竜次さんが、「クリエイターズ・ファイル」という企画内で、なりきって演じているキャラクターだ。


トータル・ファッション・アドバイザー:YOKO FUCHIGAMI/©️クリエイターズ・ファイル



子役:上杉みち/©️クリエイターズ・ファイル

 「クリエイターズ・ファイル」は、丸善・ジュンク堂・文教堂など大型書店で配布されている月刊フリーペーパー「honto+」の連載企画。誌面と同内容を動画でも撮影し、毎月YouTubeで配信もしている。この再生回数、累計でじつに6千2百万回超というから人気のほどが窺える。

 続々と生まれ出るキャラクターを一堂に紹介しようと、2017年には「クリエイターズ・ファイル祭」と題した展覧会を、東京池袋のパルコミュージアムで開催。こちらも評判を得て、展示は1年間かけて全国のパルコを巡回。トータルで25万人超が来場する大ヒットを記録した。

 現在も毎月、「honto+」誌上で新キャラが誕生している。2018年4月号に登場したのは、自転車で世界中を旅して回っている折原福之介。彼が37人目のクリエイターだ。


ワールド・トラベル・ママチャライダー:折原福之介/©️クリエイターズ・ファイル

テレビ発のお笑いと、何がいったい違うのか

「いそうでいない、でもひょっとしたら本当にいるかも?」と本気で思わせる迫真性。

 各ジャンルのクリエイターを、おちょくりながらもリスペクトする姿勢。

 大規模なセットを用意したりせず、手づくり感あふれるテイストなのに、クリエイティブの質は極めて高い。

 そんな特性を備えた「クリエイターズ・ファイル」は、世に数多あるお笑いネタのひとつだけれど、テレビ番組で見かけるお笑いとは明らかにひと味違う。

 独自路線を貫くこのコンテンツ、どう生まれてどのようにつくられているのか。企画立ち上げ時からロバート秋山さんと二人三脚で歩み、プロデューサー役を務める編集者、三枝亮介さんが話す。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
美をさがすのが人生で唯一の目的である

山内宏泰

美術、写真、文学、建築などのテーマについて作家活動を続けるアートコンシェルジュの山内宏泰さん。テーマの根幹にあるのは、「美しさ」でした。美しさとは果たしていかなるものなのでしょうか。毎回、各界でこれぞという人に話を訊きながら、「美しさ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hddz 他人を蔑んだり傷つけもせず、莫大な笑いを生産し続ける秋山氏は本当に凄いと思う。 > 1年以上前 replyretweetfavorite

fueino あとで読む https://t.co/Q96ZPUW2C6 1年以上前 replyretweetfavorite