オフィスハック

なにがバターコーヒーだ

肥大化し身動き不能となった巨大企業「T社」。社内調整専門部署「四七ソ」の香田と奥野に、今日も新たな社内調整指令がくだる。オフィスの中のクソ野郎どもを、スタイリッシュかつアッパーに撃ち殺せ! テイルゲート! ショルダーサーフ! 禁断のオフィスハック技の数々を正義のために行使せよ! ◆全サラリーマン必読のスパイアクション小説『オフィスハック』より第1話「ONDO社の社内調整」を連載!◆

◆#9◆

 おれはエレベーターに乗る前に、自分のスマホで海外ニュースとドル円の現在を確認した。なんの問題もなくドルと世界経済は回復を始めている。きっと、ミサイルと米朝開戦によるドル20円台説は、どこかのサイコパス野郎の杞憂ツイートだったのだ。

 そりゃそうだ。現にもう誰も、オフィスで先週末のミサイルの話なんてしてなかった。本当に核戦争が起こる前兆なら、おれたちは社内調整なんてシケた仕事をしてる場合じゃないだろ? いや、この会社なら案外、米朝戦争が起こったって出勤催促メールが展開されそうだけど。

 おれは一瞬気が緩み、天の高みから地上を眺めているような、安堵の笑顔を作った。いや、これはだめだ。奥野さんにそれを気取られないよう、おれは勤務中の真面目な顔に戻り、私用スマホを胸にしまった。奥野さんは社用スマホも私用スマホもいじらず、じっと現在階表示板のLED数字を見つめていた。

 降りの高速エレベータは気圧の変化が特にひどい。おれは何度も耳抜きの為に唾を飲みながら、東京の遠景を眺めた。

「奥野さん、これで何件めでしたっけ」

「件数ですか?」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

オノ・ナツメさん画のポストカード当たる!書籍ご予約はこちら

オフィスハック

本兌 有,杉 ライカ,オノ・ナツメ
幻冬舎
2018-04-19

この連載について

初回を読む
オフィスハック

ダイハードテイルズ

これぞ日本版キングスマン/会社あるあるが笑える/スカッとする!/早く映像化して! などTwitterで話題のスパイアクション小説『オフィスハック』(著:本兌有・杉ライカ、画:オノ・ナツメ)をリバイバル連載!(あらすじ)「ウチの不祥事が...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません