努力は本物の天才を凌駕する

東大を首席で卒業、財務官僚、弁護士など、華々しい経歴を持つ山口真由さん。自身のキャリアを「才能ではなく、努力を続けることでつかんだ」と断言する彼女が語る、「努力を技術化し、天才的成果を上げるためのメソッド」を連載「天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある。」でご紹介します。

まず「天才」じゃない自分に気づくこと

「よく頑張るよね」

 私は、この言葉に軽い揶揄を感じてしまいます。努力をせずになんでも軽々とこなす人に比べて、必死に努力する人には、やや痛々しさを感じるからでしょうか。

 しかし、私はそれでも努力すべきであるという強い信念を持っています。

 私が人生で一番勉強したのは、大学3年生のとき受けた司法試験の口述試験の前でした。論文試験を受けた私は、受かったという確信がありませんでした。

「こんなときに口述試験の勉強なんて始めたら、そういう準備をしているときに限って、結局論文試験にも受からないに違いない」

 そう思い、私なりの「担ぎ」で、私は論文試験の後に一切勉強しなかったのです。そしてその「験担ぎ」の成果か、結果はみごと合格。しかし、論文試験の合格発表から口述試験までは、たったの2週間しかありませんでした。

 司法試験の論文試験は合格率2パーセント程度の狭き門。それに対して、口述試験の合格者は90パーセント程度。つまり、普通にしていれば受かる試験です。

 それにもかかわらず、私は口述試験前に、自分こそが落ちる10パーセントに入るに違いないと思っていました。

 合格率が低い試験のほうが、世の中には多いのです。司法試験の論文試験はその典型といえるでしょう。

 それに対して、不合格率が低い試験、つまりほとんどの人が素通りできるものもあります。私が、これまで受けたなかでは、司法試験の口述試験と弁護士になる直前の二回試験が当てはまるでしょうか。

「不合格率」の低い試験に落ちる人は、変人とか残念な人というイメージが、人生につきまとうもの。それまでに、医学部の入学試験や司法試験といった狭き門をくぐり抜けてきて、最後の最後にまさかのつまずきで、医師にも弁護士にもなれないなんて……(ただし、1年後にもう一度同じ試験を受けて、合格して医師や弁護士になる場合が多いのですが)。

どこからともなく聞こえてきた「蛍の光」

 話が横道にそれましたが、要するに司法試験の口述試験前の私は、自分にそんな烙印が押されることを直感したのです。まえがきにも書きましたが、当時の私はその切迫した恐怖感から逃れるために、持てるすべての時間を勉強に費やしました。1日19時間30分の勉強。3時間の睡眠。そして20分ずつの朝昼晩の三食の食事。そして20分の入浴。

 これで計23時間50分。そして、残りの10分、私は毎日親愛なる母に電話して、正気を保つように努めました。

 机の下に水を張った洗面器を置き、そこに足を浸けて、冷える体に耐えながら眠気を防ぎました。そして、そういった勉強を続けていたある日、母と電話していたときのことです。

♪蛍の光、窓の雪

 どこからともなく「蛍の光」が聞こえてきました。そこで母にこう尋ねました。

「ねえ、聞こえる? 誰が歌っているかしら? 『蛍の光』をこんな時間に……」

 しかし、少し間を置いて、母は、ゆっくりと答えたのです。

「私には聞こえないわよ」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

努力とは技術である――。普通の人に天才的成果をもたらす科学的根性論の神髄。

この連載について

初回を読む
天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある。

山口 真由

東大を首席で卒業→財務省官僚→弁護士→ハーバード留学という経歴を持つ山口真由さん。山口さんいわく、「私は天才ではない。普通の人」であり、「天才的な成果をあげることができるのは、努力を続けられる人だけ」という。努力を続けることこそ、最も...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ikb 全く関係なく、本文の「蛍の光」を見て。スーパーの閉店時間だとかにかかるあれは、蛍の光でない3拍子の曲。曲名忘れた。 「蛍の光窓の雪文読む月日… https://t.co/ai6PLtNbKp 1年以上前 replyretweetfavorite