解体して分かった兵器の奥深さ “最強の盾”イージス艦の最新&アナログ技術

米国、中国といった世界の主要国は、兵器開発に湯水のように資金を投じている。最新鋭技術と匠の技の集合体である兵器の実力は、国力を表すバロメーターであるともいえそうだ。

 戦闘機とミサイルの同時多数攻撃に対応できる艦艇、イージス艦。“最強の盾”ともいわれるこの兵器を解体してみると、兵器開発・製造の「難しさ」が見えてきた。

 そもそも、イージス艦とは軍艦の分類名ではなく、イージスシステムを搭載した艦艇の総称である。まるで禅問答のようだが、このイージスシステムこそ、攻撃目標を捜索・探知するレーダーシステムや迎撃ミサイルの誘導を行う射撃システムなどで構成される革新的な戦闘システムだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
自衛隊 防衛ビジネス 本当の実力

週刊ダイヤモンド

北朝鮮のミサイル挑発、中国の軍備増強、米国の“世界の警察官”撤収宣言──。かつてないほどに日本の安全保障が脅かされている。にもかかわらず、防衛省・自衛隊はだらしがない。異なる背景を持つ「防衛七族」が飽きることなく権力闘争を繰り返してい...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません