王者・三菱重工ですら疲弊 艦艇百億円ダンピングの壮絶

日本は2014年、武器輸出三原則を見直し、輸出解禁へかじを切った。それから3年間、武器輸出は鳴かず飛ばずの状況だ。世界の軍需市場が拡大する中、なぜ日系企業は苦戦するのか。

 中国が友好国への武器の売り込みを強化している。近年の潜水艦輸出だけ見ても、その勢いは群を抜いている。

 2016年にはパキスタンに潜水艦8隻を輸出することを決定。バングラディッシュには潜水艦の保守サービスをも提供してその運用を牛耳る。ドイツから潜水艦を購入する方向だったタイも翻意させ、売り込みに成功した。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
自衛隊 防衛ビジネス 本当の実力

週刊ダイヤモンド

北朝鮮のミサイル挑発、中国の軍備増強、米国の“世界の警察官”撤収宣言──。かつてないほどに日本の安全保障が脅かされている。にもかかわらず、防衛省・自衛隊はだらしがない。異なる背景を持つ「防衛七族」が飽きることなく権力闘争を繰り返してい...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません