第1回 グリー、DeNA好調の理由は財務諸表でわかる

「財務諸表」というと、「難しい!」「数字が苦手な自分には無理!」というイメージをもつ人が多いかもしれません。けれど、財務諸表を“読む”のは、コツさえつかめば案外簡単なのです。しかも、おもしろい! ビジネスのみならず、働き方や社会に対する考え方を深める上でも、「財務諸表の読み方」はこれからのビジネスパーソンには必須のスキルです。
PHPビジネス新書『はじめてでもわかる財務諸表』から、そのエッセンスをご紹介します。

シャープの黒字転換はサインが出ていた

 2012年の夏場を過ぎた頃のことです。自宅のリビングでくつろいでいると、テレビからシャープのスマートフォンのコマーシャルが流れてきました。
 その頃シャープというと、ソーラーパネルのCMをたまに見かける程度だったので、私は「おや?」と思いました。

「経営危機のシャープがCMを増やしている。何かありそうだ」

 皆さんもご存知のように、テレビでCMを流すには莫大な広告料が掛かります。シャープの場合は俳優さんを起用し、本数もまとめて出すので、億単位の費用が掛かっていても不思議ではありません。

 当時、シャープはいよいよ倒産するか、買収されるだろうといった論調の記事が多く出ていましたが、私はCMを見て2通りの仮説を立てました。

 一つは、「このCMはシャープの財務状況が改善に向かっているサインだ」という仮説。
 もう一つは、「最後に一花咲かせようとやけっぱちでCMを打っている」という仮説です。

 それからしばらくシャープに関連するニュースを見ていましたが、どうやら前者の仮説のほうが正しいのではないか、という思いを強くしました。
 つまり、シャープがCMを増やしているのは、業績にある程度の自信を持てるようになったからだと考えたのです。

 年が明けて2013年2月。12年10~12月期(第3四半期)の連結決算が発表されました。蓋を開けてみれば当初計画の赤字から一転、26億円の営業利益を計上し、5四半期ぶりに営業黒字となりました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

はじめてでもわかる財務諸表 ―危ない会社、未来ある会社の見分け方―

小宮一慶

「そもそも利益って何?」――自分は数字が苦手だから、財務諸表なんて読めるわけがない、と思い込んでいる人も大丈夫!仮説を立てながら読むことで、財務諸表はおもしろく読める! 話題企業の決算書を例にしながら、その会社の「収益性」「安全性」「...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

t_take_uchi 第2回 ユニクロは実は「厚利多売」である|小宮一慶| 4年以上前 replyretweetfavorite

punkrockers0221 https://t.co/W7Ywj4MAFx 4年以上前 replyretweetfavorite

t_take_uchi cakesの良いところは実用知識の入り口になるところ。 4年以上前 replyretweetfavorite