カジノ王なら八百長を仕組むかもしれない。そこを見張るのです

【小説の展開】ラスベガスのカジノ王をギャンブルに巻き込むことに成功した伊織。すきやばしの高級鮨屋でイワサキ会長と前祝い。そんなおちゃらけでいいのか? 試合をするのはスマイルジャパンの選手たち、一心不乱なアスリートだ。策略に巻き込まれないよう、大人たちには見張る役割がある。しかし相手は百戦錬磨。見張れるのか? 着々と試合本番が迫る。

*主人公の無瓢 庵(ムヒョウ アン)。背番号99。23歳。アスリート&中華料理のシェフ見習い。実際の女子アイスホッケー代表チーム「スマイルジャパン」に架空のアスリート、アンが参加して物語は進みます。

36.品川リンクも、チームも残せるかもしれない。賭けてみるべきだ。

「受けたそうじゃないですか」
 イワサキ君が席に座るなり言った。

 午後5時、すきやばし太郎のカウンターである。

「100万ドルもポンと払ったよ。まあ、乗るとは思っていたがね」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
小説「スマイル」。女子アスリート冒険物語

松宮宏

「スマイルジャパン」に架空の選手「アン」を加えて進む小説。アメリカでアイスホッケーに出会った「アン」はジュニアを経て全米大学選手権で活躍する。日本代表はアンを帰国させるがソチは全敗、アンが所属する事になった社会人チームもリンク閉鎖の危...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 2年以上前 replyretweetfavorite