実際にタイで働く人に聞いてみた〜コールセンター編

日本での生活にちょっと疲れてしまったら、今での生き方を少し変えてみたいと思ったら…肩の力を抜いて過ごせるアジアで暮らしてみるのはどうでしょうか? 
アジア10カ国の移住情報を収めた『海外暮らし最強ナビ【アジア編】』の中から、日本人にとって一番住みやすい国と言われる「タイ」の最新事情を特別連載いたします!
最終回は、タイ就職への最短ステップ(?)、 コールセンターで働く女性のお話です。

「私、ちょっとタイに住むから」

「海外で働きませんか? 語学力不問、誰でもOK」

そんな広告をネットで見たことがきっかけだった、というM子さん。20代半ばの頃だった。日本で働いていた小さなデザイン事務所は、給料の遅配がはじまり、これは長くないと思っていた。

「一度くらいは海外で暮らしたいと思ってはいたんです。でも具体的な目的地もわからなかったし、とくにスキルもありませんでした」

そんなときに、この広告が飛び込んできたのだ。

「勤務地はインド、中国、タイとありました。あまり深くは考えず、まあタイかなあと思って面接に行ってみたんですが、試験も何もないんです。応募の時点ですでに就職決定で、説明会なんですよ(笑)」

そのノリのままにタイ行きを決め、母親に電話をした。「お母さん? 私、ちょっとタイに行ってくる。向こうでしばらく住むから」

タイ語も英語もわからないけど

「ひとりでいきなりタイで仕事探しだったら、たぶん無理だったと思うんです」

しかしタイに着いた当日、日本語堪能なタイ人スタッフが出迎えてくれた。今日から住むというアパートに送ってくれて、近所の食堂なども案内してくれた。

「翌日も迎えに来てくれて、一緒に会社に行きましょう、それからスマホも買いましょうねって、つきっきりで。本当に楽でした」

M子さんの仕事はコールセンターだった。委託元は通信販売などの日本の会社。客からかかってくる注文や苦情、質問などに応対していく。なるほど日本語しか使わない。格安のIP電話の普及に加えて、若い日本人を、安い賃金でインターンとして大量に雇用して海外に派遣したほうが、コストが抑えられるのだ。

「勤務は1日6時間、給料は月5000バーツ(約1万6000円)でした。でも行きの航空券と、アパートの家賃はタダ。それと英語の学校には行き放題で、語学も学べます、って売りでも募集をしていました」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

アジア暮らしは誰にでも簡単にできます!

この連載について

初回を読む
アジアの達人が教える、最強のタイ暮らし

室橋裕和

日本での生活にちょっと疲れてしまったら、今での生き方を少し変えてみたいと思ったら…肩の力を抜いて過ごせるアジアで暮らしてみるのはどうでしょうか?  アジア10カ国の移住情報を収めた『海外暮らし最強ナビ【アジア編】』のなかから、日...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tomonooof 今、20代半ばだったら、タイ行っちゃうかも。https://t.co/ytmqnfi8Qs 2年以上前 replyretweetfavorite

88yearsold いいなあタイ移住…30代でも行けるかなコールセンター 2年以上前 replyretweetfavorite