大学1年生の歩き方

新入生ファッションとサークル勧誘の関係性

新しいことばかりでソワソワと落ち着かない4月。意外と教えてもらえないけど、気にはなることの一つが、私服のことでしょうか。1年生のときから古着をきていて、全くサークルに勧誘されなかった…というトミヤマユキコさんの語る、サークル勧誘とファッションの関係性とは。
「どうせ不安になるなら、あっちこっちに首を突っ込み、なるべく多くの選択肢を手にした状態で不安になりましょう。」(『大学1年生の歩き方』より、本文公開中)

著者のトミヤマユキコさんと清田隆之さんの対談「失敗したって、どっこい生きてる」も合わせてどうぞ。


誰も教えてくれない大学生活のはじめ方

新入生のみなさん、この度はご入学おめでとうございます! 第一志望の大学に決まった人も、そうでない人も、みんなソワソワと落ち着かないのが4月。新しい環境にうまく馴染むことができるのか? おもしろい授業は見つかるのか? 友だちや恋人はできるのか? そんなことをグルグル考えていることでしょう。

大学1年の4月って、人生で最も不安な4月なんじゃないかと思います。幼稚園に入ったときは、先生がトイレの場所から前ならえの仕方にいたるまで手取り足取り教えてくれました。そして社会人になれば研修期間というのがあって、名刺の渡し方とか電話での受け答えとか、これまた手取り足取り教えてくれるわけです。

それなのに、大学入学時だけはなぜか「とりあえず周りをよく見てがんばって!」みたいな、非常にざっくりとしたことしか教えてもらえない(学生数が多い大学ほどこの傾向が強い)。理不尽ですよね。

高校までとは違って、いろんな制約から自由になって、なんでも自分で決められるのは最高だけれど、あまりにも指針がなさすぎる。みなさんが不安を感じるのは当然です。

ちなみにわたしは大学から大学院へと進み、今は大学講師をやっています。つまり15年くらい大学空間にいるのですが(長い!)、いまだに「4月の1年生って不安そうだな」と思います。その点については、15年経っても全然変化がないんですよ。

それではあまりにも可哀想ですので、みなさんが後悔の少ない大学1年目を過ごせるようアドバイスをしたいと思っています。とはいっても、みなさんをイケイケのリア充大学生にしたいわけじゃありません。そんなことをして「大学デビュー」の成功者をたくさん作り出したところで、何の意味もない。むしろ非リアでも構わないので、つまらないことですっ転ばなくて済むように、派手じゃないけどイイ感じのスタートが切れるように、お手伝いがしたいのです。

ひと目でわかる「新入生ファッション」とは?

大学入学にあたって、みんな一度は考えるのが「何を着るべきか?」という問題。もう制服はない。校章も名札もない。黙っていてもあなたのことを物語ってくれる強力なアイテムは、もうないのです。したがって、あなたの私服があなたのキャラを知るための手がかりとなります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
大学1年生の歩き方

清田隆之(桃山商事) /トミヤマユキコ

「失敗しても大丈夫!」な人生の歩き方とは? 早大助教のトミヤマユキコと、恋バナ収集ユニット桃山商事の清田隆之が、仕事や恋愛、お金やコンプレックスの話まで、自身の黒歴史をさらしつつ語ります。「キラキラしたいわけじゃないけど退屈な学生生活...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Mito_SB このツイートをご覧になっている保護者やご親族の方も大学1年生へのプレゼントにぴったりな1冊です。 https://t.co/s ↑著者のひとり、清田隆之さんの特別連載はこちらからご覧いただけます。 1年以上前 replyretweetfavorite

sayusha 【連載】大学1年生の歩き方、出会いの4月編公開してます!今回は入学するときになる服装とサークルのこと。 https://t.co/SOwwR5VZ9O 2年以上前 replyretweetfavorite