鉄道ファンよりも奥が深い? ミリタリーオタクの生息実態

千葉県船橋市にある習志野駐屯地。17年8月5日、6日に毎年恒例の夏祭りが開かれていた。自衛隊員による模擬店の出店、お化け屋敷、花火大会などメニューは盛りだくさん。2日間の来場者数はなんと7万人に上った。同日に日産スタジアムで開催された人気ロックバンド「ミスターチルドレン」のライブ動員数1日分に匹敵する規模である。

 千葉県船橋市にある習志野駐屯地。17年8月5日、6日に毎年恒例の夏祭りが開かれていた。

 自衛隊員による模擬店の出店、お化け屋敷、花火大会などメニューは盛りだくさん。2日間の来場者数はなんと7万人に上った。同日に日産スタジアムで開催された人気ロックバンド「ミスターチルドレン」のライブ動員数1日分に匹敵する規模である。

 中でも好評だったのが、緊急企画「幸せの黄色いリストバンド」だ。独身同士に出会いの場を提供する婚活企画で、パートナー募集中の隊員と、来場した女性がリストバンドを着けて意思表示するというもの。用意したリストバンド500個が瞬く間になくなってしまったという。習志野駐屯地は陸上自衛隊のエースがそろう「第1空挺団(パラシュート部隊)」の勤務地。ずぬけた体力と強靱な精神力を併せ持つ空挺隊員は人気で、隊員目当てに遠征する女性も少なくないのだとか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
自衛隊 防衛ビジネス 本当の実力

週刊ダイヤモンド

北朝鮮のミサイル挑発、中国の軍備増強、米国の“世界の警察官”撤収宣言──。かつてないほどに日本の安全保障が脅かされている。にもかかわらず、防衛省・自衛隊はだらしがない。異なる背景を持つ「防衛七族」が飽きることなく権力闘争を繰り返してい...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません