離乳食を食べてくれないのは、もしかしたら……

「離乳食を食べてくれない」という悩みを持つ子育てママはたくさんいると思います。SNSで見かける手作りの離乳食を見て、下田美咲さんはある違和感を感じていたそうです。それは一体何なのでしょうか? 前回に引き続き、下田さんの考える離乳食についてたっぷりと綴っていただきました。

前回、私が離乳食を手作りしない理由について書いたけれど、そもそも「離乳食を食べてもらえない」という子育てママの定番の悩みについて、ずっと思っていたことがあった。

「まずいからではないのか」と。

SNSで「今日も食べてもらえなかった」という投稿を見かけるたびに「だってまずそうだもん…!」と思っていた。

私は一ヶ月半前から息子に市販のベビーフードをあげているけれど、今のところ、息子に離乳食を拒絶されたことは一度もなく、毎日バクバクと食べてもらえている。

美味しければ、食べる

唯一、食いつきが良くなかったのは無味のおかゆ(市販のベビーフード) を与えた時だったけれど、それは想定内のことだった。だって無味のおかゆなど美味しいわけがない。

(「最初の一週間は無味のおかゆを与えましょう」というのが離乳食の進め方の基本だから、ひとまずその通りに与えてみたのだけれど、完全に嫌そうだった。それですぐにベビー用のスープの素を加えて味付きにした。するとバクバクに食べるようになった。)

赤ちゃんが離乳食を食べないと「まだ食べることに慣れてないから」とか「赤ちゃんだから食べないんだ」みたいに考える人が多いけれど、美味しければ食べる、というのが私の実感。

そのため、私はベビーフードを買うときに気を付けていることがある。それは、大人の私の感覚でも美味しそうだと思えるものを選ぶこと。

SNSで見かける手作りの離乳食を見て、いつも違和感があった。クセのある野菜と果物をすり潰して混ぜ合わせたものや、青臭い野菜のペーストをおかゆにかけたものなど、普通に考えて、まずそうだった。私が赤ちゃんだったら、そんな意味不明なものを与えられても困る。

それに比べて、レトルトはどれも美味しそうだった。

じゃあレトルトと同じようなものを手作りすればいいのでは、と言われそうなので先に答えておくと、野菜や果物のペーストに関して、手作りするよりレトルトの方が絶対になめらかだと思う。初期の離乳食において、なめらかさは味の決め手の1つだと思うけれど、家庭で裏ごしをしたら、繊維や薄皮がどうしても残りそう。

手料理では売り物に勝てない

そもそも離乳食に限らず、家庭で作るよりも売り物のほうが美味しいタイプの食べ物は多い。

私はアイスクリームや、とろけるプリンなど、最高のものを目指して研究してみたこともあるけれど、結局買ったものの方が美味しいということがよくわかった。肉まんもそう。コンビニの肉まんには一生勝てないと思う。パンだって、家で焼くよりパン屋さんの方が美味しい。

サラダや炒め物や鍋料理などは、外食だと食材の使い方がケチ臭かったりショボかったりするから、自炊した方が美味しく作れるけれど、作る工程が複雑だったり、使う調味料がやたら多かったりする不健康なものは、だいたい売り物の方がよく出来ていて美味しい。

なんでも手作りにこだわる家庭の子どもは、よそのおうちで初めて食べたお菓子やジャンクフードにめちゃくちゃ感動する、というのはよく聞く話だし、大人になった時にはその反動で不健康な食生活を好むようになる、とも聞く。

大人になってからの方が人生は長いことを考えると、神経質すぎる食育は子どもを少しも健康に導いていない、と思う。

そんなわけで、息子がペースト状のものを食べているうちは、私の手料理では企業が努力をしてなめらかに仕上げたペーストに勝てる気がしないから、美味しそうな瓶詰めのペーストを買って食べさせようと思っている。

もしも「ピーマン嫌い!」と言われたら
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
下田美咲の口説き方

下田美咲

下田美咲さんという女性をご存じでしょうか。13歳からモデルをしながらも事務所には所属せず、自宅の車を宣伝カーに改造してゲリラパフォーマンスを行ったり、「飲み会コール動画」などのオリジナル動画を180本以上手がけてYouTubeにアップ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 4ヶ月前 replyretweetfavorite