床は隅からでなく中央から…掃除効率をUPする「汚れ物語」を知ろう

病気と掃除のプロ・松本忠男さんの著書『健康になりたければ家の掃除を変えなさい』より、家の中のホコリやカビからの感染リスクについて紹介してきた本連載。しかし、神経質になる必要はないと松本さんは言います。家ごとの生活形態から「どのように汚れていくか」の汚れ物語さえ知れば、ピンポイントで汚れを取り去ることができるのです。たとえば、床掃除は中央からスタートして、最後に隅を掃除するのが正解。その理由とは…?

四つの感触でわかった場所別の汚れ

この連載では、家の中に潜むあらゆる感染リスクについてご説明してきました。「もっと徹底的に掃除をしなければ」という思いに駆られた方も多いかもしれません。

しかし、神経質になる必要はありません。汚れやすいポイントを押さえた掃除をすれば、これまでよりも効率的にきれいに、かつ病気を防ぐことができるのです。

効率的なお掃除がしたいのなら、自分の家はどこがどう汚れやすいのかを把握しておくことが重要となります。

病院清掃に長らく携わってきた私でしたが、ある日、ふとこんな疑問が浮かびました。

「汚れは場所によって大きく違うのに、清掃の仕方は一律でいいのだろうか? あえてきれいな場所まで掃除する意味はあるのか? 時間とお金のムダではないのか?」

そんな疑問から、私は病院内の場所ごとの汚れを確認して、「汚れ地図」としてまとめてみることを思いつきました。

最初は、使い捨ての手袋をはめ、床のいろいろな場所をとにかく触ってみました。すると、フワフワ(ホコリ)、ザラザラ(土砂)、スベスベ(きれい)、はたまたフワザラ(ホコリと土砂が混じったもの)と、場所によって感触が違うことがわかったのです。これを自宅でも試してみたところ、家の中の汚れには土砂が少ないため、ザラザラ感はありませんが、やはりスベスベ、フワフワの違いがありました。つまり、場所によって汚れ方には特徴があるということがわかったのです。

一般的な住宅の汚れ地図は、以下のとおりです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
健康になりたければ家の掃除を変えなさい

松本忠男

アレルギー、感染症……その不調、間違った掃除が原因です!!◎もっともインフルエンザに感染しやすい部屋は「寝室」◎「トイレのホコリ」の中で、菌は約10倍繁殖する◎「花粉」の季節に玄関をホウキで掃くのはNG◎間違った方法で風呂場を掃除する...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

guriswest 「エアコンをつけると、気流の影響でエアコンの真下がホコリの吹き溜ま… https://t.co/hbnjav7FPU 2年以上前 replyretweetfavorite