やらない理由

サプライズは嬉しいが、バレバレなのは嫌【No.45】

お祝いごと、歓送迎会、記念日ディナー、誕生日会など、自分が主催しなくとも、大なり小なりのサプライズが私たちの身のまわりに存在します。そこで気がかりなのはどう考えてもこれから自分にサプライズが仕掛けられるとわかってしまう場合。仕掛ける側がそわそわコソコソ。こっちが気を使ったり、段取りの悪さにイライラしたり。カレー沢先生、どうかスッキリさせてください。書籍『やらない理由』も好評発売中!

今回のテーマは「サプライズは嬉しいが、バレバレなのは嫌(というか困る)」だ。

とりあえず、フラッシュモブの悪口を言え、というテーマなのだろうか。フラッシュモブが何か、正確には知らないが、サプライズと言ったらフラッシュモブ、フラッシュモブと言ったら、破局というイメージだ。

おそらく間違った見解だと思い、ウィキペディアでフラッシュモブの項目を見たところ、「インターネット上や口コミで呼びかけた不特定多数の人々が申し合わせ、雑踏の中の歩行者を装って通りすがり、公共の場に集まり前触れなく突如としてパフォーマンス(ダンスや演奏など)を行って、周囲の関心を引いたのち解散する行為」という概要の説明とともに「結婚式などの特定の個人を対象にサプライズ目的でフラッシュモブを行った場合、事と次第によっては、離婚や破局に至ることもある」としっかり書かれていた。

おそらくフラッシュモブさんは痴話喧嘩の元として生まれてきたつもりはないと思うが、フラッシュモブ含む「サプライズ」は立派な破局の原因になるのである。

では、なぜそうなってしまうのか。サプライズというのは、シュガーポットの砂糖を全部青酸カリにしておく、など相手の息の根を止めることを目的としたドッキリもあるが、大体が「相手に喜んでもらいたい」という動機でされている。

つまり「良かれと思って離婚沙汰」なのである。そうなってしまう第一の原因が「相手がサプライズ嫌い」な場合だ。サプライズで怒っている人は「公衆の面前で騒がれて恥ずかしい」という理由で怒っていると思われがちだが、実はそうでない場合もある。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

電子版もございますよ!

やらない理由

カレー沢薫
マガジンハウス
2017-11-30

この連載について

初回を読む
やらない理由

カレー沢薫

「エッチはしたいが、付き合うのは嫌」。多かれ少なかれ誰もが抱える他人には打ち明けづらい虫のいい話。OL兼漫画家・コラムニストのカレー沢薫さんが挫折と諦めを肯定、それが正しいことだと示す当コラムで、スカッと爽快なメンタルヘルスを目指しま...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mo_mon7575 分かり過ぎて悲しくなった https://t.co/KRhL1Dnf4L 1年以上前 replyretweetfavorite

yukihgs なんというか親孝行プレイみたいなもので。 1年以上前 replyretweetfavorite

rosia29 まあサプライズしてくれる友達とかがいるかっつーと まあアレなんだけど 1年以上前 replyretweetfavorite

00sasao_ 出来ればサプライズは事前に言って欲しい。丁重にお断りするので何卒。 1年以上前 replyretweetfavorite