カップルの関係性を、密室に閉じ込めないこと

複数の人と同時にそれぞれが合意の上で性愛関係を築くライフスタイル「ポリアモリー」。当事者であるきのコさんは、ポリアモリーに興味のある人たちの交流会の運営に携わっています。最近は、カップルで参加する人も増えているのだそう。カップルで参加する目的とは一体何なのでしょうか?


※きのコさんに聞いてみたいことやこの連載に対する感想がある方は、応募フォームを通じてお送りください!HN・匿名でもかまいません。

こんにちは、きのコです。

私はここ数年、ポリアモリーに興味のある人たちの交流会「ポリーラウンジ」の運営に携わっています。ポリランについて、「どんな人が参加しているんですか?」「私はポリアモリーではないんですが、参加してもいいんでしょうか?」「参加してみたいけど、ポリアモリーについて語れるほどの知識がなくて……」といったご質問・ご意見をよくいただきます。

ポリーラウンジの参加者はさまざま。年代も10代から60代までと幅広く、男性も女性もそれ以外も、いろいろなジェンダーやセクシャリティの方がいらっしゃいます。北海道や沖縄など遠方から来てくれたり、カナダ人やイタリア人など海外の方が来られることも。

ポリアモリー当事者だけの交流会と思われることも多いのですが、今まさに複数のパートナーとオープンに交際しています!という方はごく少数です。

最近少しずつ増えているのが、カップルでポリーラウンジに参加する方。といってもポリアモリーなカップルとは限らず、1対1でお付き合いしているカップルもおられます。

二人きりで話していて意見が対立した時

先日、初めて富山でポリーラウンジを開催しました。 東京でのポリランに富山からはるばるいらした方が、「自分の住んでいる富山でもぜひ、開催しましょう!」と声をかけてくれたのです。

共催したポリーラウンジには、彼のパートナーの方も来てくれました。

彼女のほうは「自分はポリアモリーではない」という立場だったのですが、ポリアモリーをもっと理解したい、と一緒に参加してくれたのです。

ポリランの後で、ポリアモリーではないという考えは変わらないけれど、今までは話し合う相手が彼だけだったのが、他の人たちの話も聴いてポリアモリーをよりよく理解できた、と語ってくれたことが印象的でした。

ポリアモリーについてであれ、家事の分担やセックスの好みについてであれ、話し合いは大切ですよね。とはいえ、二人きりで話していて意見が対立した時って、お互いに自分と相手の意見しか頭にないので、どちらかが正しくてどちらかが間違っているとか、どちらかがどちらかの意見に合わせるとか、そういう方向に話が向いてしまいがち。話が前に進まなくなったり堂々巡りしたり……ということも、ままあると思います。

そんな時に、他の人の話を聴いてみる、あるいは他の人に話を聴いてもらう、という意味でポリーラウンジは有意義な場かもしれません。視野を広げてみれば、自分と相手の2種類の意見以外にも、世の中にはさまざまな他の意見があることに気付くはずです。

カップル内のコミュニケーションを、密室に閉じ込めないこと。

それはポリアモリーとかオープンリレーションシップとか、お付き合いのかたちそのものをオープンにするということではなく、たとえ1対1のお付き合いであっても、場合によってはカップル内で話し合っていることをオープンにしてみるといいかも!ということです。もちろん、公衆の面前で大喧嘩しろとかSNS上でイチャイチャしろとかいう意味ではなく。

二人きりでは気付けなかった“第三の意見”
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
わたし、恋人が2人います。

きのコ

「ポリアモリー」という言葉をご存じでしょうか? ポリアモリー(複数愛)とは、複数の人と同時に、それぞれが合意の上で性愛関係を築くライフスタイルのことをいいます。浮気でも不倫でも二股でもない「誠実で正直な複数恋愛」とはどのようなものなの...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません