​婚活パーティや出会いアプリに抵抗がある人のための婚活術

お店で婚活パーティを開いたり、この連載などでもマッチングアプリを推奨しているbar bossa店主・林伸次さん。でも実は、林さん自身はそういったものは苦手なんだそう。今回の「ワイングラスのむこう側」は恐らくたくさんいる、林さんと同じタイプの人たちにおすすめする婚活術。ぜひおためしください!

bar bossaの婚活パーティになぜ男性が集まらないのか

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

bar bossaで月に1回、「知らない異性10人と出会って話す会」という名前の婚活パーティを開催しているんですね。これ、僕のnoteで告知しているのですが、女性はあっという間に満席になってしまうんです。毎回テーマをもうけるのですが、特に「料理好き集まれ」とか「映画好き集まれ」みたいなのだと、本当に数時間で埋まってしまいます。

問題は男性でして、毎回すぐには埋まらなくて、何度も何度もツイッターとFacebookで「今回は『本好き集まれ』です。周りに恋人がいなくて、本が好きな男性はいませんか? その彼に『これ出てみれば?』って勧めていただけませんか? 女性も本好きの人が来るので、編集者とかライターの男性だったりするとモテますよ」って感じで告知しているんです。

それでもすぐには集まりません。一般的にはこういったイベントだと女性の方が集まらないそうですが、なぜなのでしょうか。まず、僕のnoteをチェックしてくれている人は、都市部のマスコミ業界周辺で働いている人が多いという特徴があります。以前、見かけた調査では、マスコミ業界は女性の方が結婚していない率が高いということでした。酒井順子の名著『負け犬の遠吠え』でも、マスコミ周辺で働いている女性がどうして結婚しないのかという感覚を描写していました。そういった方々が応募してくださるんだと思います。

かといって、男性側はみんな結婚しているわけはありません。むしろマスコミ周辺は、男性も独身率が高い業界で、結婚していない男性もたくさん存在するはずです。その独身男性たちも、結構僕のnoteを見てくれているはずなんです。でも、応募しようとは思わないのでしょう。

正直、僕も気持ちはわかります。例えば僕が独身男性だったら、渋谷のバーの婚活パーティみたいなのに参加するか想像してみたら、まずしないと思います。なんか恥ずかしいし、そんな婚活パーティに参加するなんて、「おまえ、そこまで困ってるの?」なんて思われそうだし、そこでもしモテなかったらカッコ悪いし、「そんなことしなくても、いい出会いっていうのはあるはずだし」って自分の中で言い訳をして、まずそういう「出会い会」みたいなのは出ないはずです。

そう考えてみると、僕は「マッチングアプリ」もまず使わないだろうし、合コンも参加しないと思います。実際、僕は学生時代にも独身時代にも合コンに参加したことがありません。もしかしたら、僕のnoteを読んでくれるくらいなので、同じように感じている男性が多いのかもしれません。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tantrasexgod 俺の周りでも婚活パーティーとか婚活アプリ使ったことない人が多いよ https://t.co/nM7gXzrSi4 10ヶ月前 replyretweetfavorite

batanif https://t.co/sWg51R5V9n 10ヶ月前 replyretweetfavorite

t_take_uchi 婚活パーティや出会いアプリに抵抗がある人のための婚活術|林伸次 @bar_bossa | 10ヶ月前 replyretweetfavorite

GeeeeN2525 婚活パーティや出会いアプリに抵抗がある人のための婚活術|林伸次 @bar_bossa | 10ヶ月前 replyretweetfavorite