目上でも友達でもない、「ナナメ」の関係にいる“変な大人”の重要性

マニュアルにとらわれず、失敗する大学生活を奨励する『大学1年生の歩き方』の著者、トミヤマユキコさん(早稲田大学助教)と清田隆之さん(恋バナ収集ユニット桃山商事代表)の対談。中編は、学生の話に大人はどう向き合うのか、そして未来がわからない時代にどう生きるのか。全3回です。
「失敗しろ!転べ!そして立ち上がれ!大丈夫だから!」
(対談前編「若者に「失敗したら終わりだ」と思わせてしまう社会でいいの?」も。)
(書籍『大学1年生の歩き方』も本文公開中です。)

あなたにとっては固有の、差し迫った悩みに共感したい

清田 不安なときって孤独になるじゃないですか。気持ちを誰にもわかってもらえない恐怖というか。

大学一年生ってまだまだ若いから、自分の感情や思考をそんなにうまく言葉にできないし、相手の気持ちを深いレベルで読解することも難しい。でも、「自分や相手の気持ちがわからない」という自覚もない。そういうなかで悩みを相談しようと思っても、うまくアウトプットもできなければ、「うん、わかるよ」と受け止めてもらえることもなかなかない。かといって年上に相談しても上から目線で片づけられたりする……。これって結構つらい状況だと思うのよ。

ぼくは普段、人々の失恋体験を聞き集める活動をしているんだけど、二時間くらい相手の話を聞くと、みんな元気になって帰っていくのね。我々はプロのカウンセラーではないので基本的には聞いてるだけなんだけど、現代文の問題を読解するように相手の悩みを読み解いていく。そうすると、失恋体験を話してくれた人はそれだけで癒されると言ってくれる。

意味づけせず、価値判断も下さない。まずは話を聞き、そのまま理解しようという姿勢を心がけていて、これが功を奏しているのだと思う。というのも、大学生の相談を聞いていると、我々のような話し相手に飢えているように感じるのよ。社会学でいう「ナナメの関係」というか、タテ(目上)でもヨコ(友達)でもない関係を大学生たちは求めているような気がする。

トミヤマ 何かをズバッと解決してくれるわけじゃなくても、「あるよね、そういうこと」みたいな感じで、ゆるやかに受け止めてもらえるのっていいよね。

それに関連して言うと、大学で私のような仕事の仕方をしている人ってそんなにいるわけじゃなくて。大学教員もやるけど外でライターもやる、会社員の部分もフリーランスの部分もある、みたいな人は少ない。仮にわたしと同じような働き方をしていても、「いろんな働き方をしています」と学生に言わない先生もいます。「ザ・先生」でいるために隠しているのかもしれないですね。

先生らしい先生しかいない群れのなかにわたしみたいなよくわからない人がいると、学生にとっては一種の癒しの効果があるんだなというのは、いつも感じています。どういうことかというと、様々な事情で就活戦線に乗っかっていけない子たちの駆け込み寺的存在なんですよ、わたし。普通の会社に就職するのは無理だけど、働かないといけない、どうしよう、というような子が相談に来るんですね。「わたしは一秒も就活してないけど、屋根のあるところで寝られてるし、わりと楽しく生きている。だからあなたもきっと大丈夫!」なんて言うと、ホッとするみたい。

「大丈夫!」と言っている瞬間は、元気づけたい一心で、まるで根拠なく言っていたりもするんですが(笑)、みんな最終的にちゃんと社会に根を張って生きているのを見ると、ああこれで良かったんだと思いますね。本当は、大学教員の生き方・働き方がもっと多様であればいいだけなんですが、 実際はなかなか難しいです。そんな経験も本書に活かされています。うまくいく方法が大事なんじゃなくて、うまくいかなくてもどっこい生きてることが大事なんだ、と。

清田 そうだね。トミヤマさんが言った「あるよね、そういうこと」というのは、決して「よくあることだから大したことない」という意味ではない。「俺もはまったわー、その穴」みたいな感じで、自分もそこにいたし、いまもいるかもしれない。

よくある悩みではあるけれど、あなたにとっては固有の、いま差し迫った悩みであると。そういう気持ちを含んだ共感だと思う。われわれは学生よりもそれをたくさん経験しているから、個人の悩みから社会の問題へと広げて考えることが少しはできる。だからこれは、「あなただけでなく、みんながその悩みを抱えてるってことは、社会のほうに問題があるのでは?」みたいな発想で書いた本でもあります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

大丈夫、絶対に何とかなる!

大学1年生の歩き方 先輩たちが教える転ばぬ先の12のステップ

トミヤマユキコ,清田隆之,死後くん
左右社; 46判並製版
2017-03-27

この連載について

初回を読む
トミヤマユキコ×清田隆之(桃山商事)対談「失敗したって、どっこい生きてる」

トミヤマユキコ /清田隆之(桃山商事)

失敗しろ!転べ!そして立ち上がれ!大丈夫だから! マニュアルにとらわれず、失敗することを奨励する『大学1年生の歩き方』の著者、トミヤマユキコさん(早稲田大学助教)と清田隆之さん(恋話収集ユニット桃山商事代表)の対談です。

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 4ヶ月前 replyretweetfavorite