ミックス。

第5回 ミックスは1+1が2とは限らないんです。

平凡なOL生活をおくっていた 元“天才卓球少女”の多満子は、実家が営む卓球クラブでかつての仲間・弥生と再会し、コーチにならないか、と誘われるのだが…!?
月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」の脚本家、古沢良太の映画「ミックス。」オリジナルシナリオ!


42 フラワー卓球クラブ(日変わり)

元信、美佳、優馬ら、感動と興奮とド緊張。

優馬「(興奮気味にぼそぼそと)第9回県大会バンビの部優勝、第21回少年少女卓球大会準優勝、第12回県大会ホープスの部優勝、第31回……」

一同の前で、ジャージ姿で沈んだ表情の多満子。

多満子「……富田多満子です」

元信「お、落合元信52歳!落合農園経営!卓球歴3年8か月!ペン裏ドライブ型!よろしくお願いします!」

美佳「落合美佳と申します。夫と一緒にプチトマト作ってます……手前みそですがこれ、プチトマト大福」

プチトマト大福を多満子の手にのせる。

優馬「……さ……佐々木優馬……カット主戦……」

弥生「元天才少女に最初に手合わせしてもらうのは誰?」

元信、美佳、優馬、激しい譲り合い。

元信「いやいやいやいやどうぞどうぞどうぞ」

優馬「無理無理無理どうぞどうぞどうぞ」

美佳「とんでもないとんでもない勿体ない勿体ない」

元信「や、やめろ!押すな!押すなって!」

多満子・弥生「……」

すると戸が開いて、誰かが入ってきた。

萩原、無愛想にぺこりと挨拶し、シューズを履き替える。

一同は、よそよそしく「どうも」などと挨拶。

弥生「最近入った初心者の……えーと何だっけ」

多満子と萩原、見合っている。

多満子「……(弥生にささやく)変質者」

弥生「え……?」

萩原「……クリーニング代払ってくれません?」

多満子「あれは……あなたが私を押し倒したから……」

元信「お、お、押し倒した?」

萩原「え、俺のせい?」

多満子「あなたが私の上に乗っかったから、私も我慢できなくなっちゃって」

美佳「ええ?」

萩原「ふらふら俺んとこに来たのはあんただよね」

多満子「あなたが立たなければよかったんですよ」

萩原「あんたが俺に密着してきたから立ったんだよ」

多満子「あなたがやらしい目で見てたから私は……」

優馬「何の話をしてるんだああ!」

多満子「……」

萩原「……あんた今日から?」

萩原、ラケットを多満子に差し出す。

萩原「俺が勝ったら、あんたがクリーニング代払うってのは?」

多満子「……」

多満子、ラケットを受け取った。

萩原、サーブを打つ。

次の瞬間、目にもとまらぬスピードのレシーブを打ち抜いた多満子。

一同「……(息をのむ)」

萩原「……」

多満子「……」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

全脚本+映像では未収録となった幻のシーンが付録についた完全版。著者による描き下ろしの表紙、挿絵イラストも!

この連載について

初回を読む
ミックス。

古沢良太 /コルク

偶然の出会いが、わたしの人生を変えたーー。 脚本家・古沢良太の映画「ミックス。」オリジナルシナリオを特別公開! 男女混合ダブルスに挑む、元“天才卓球少女”を演じた新垣結衣が、日本アカデミー賞主演女優賞を受賞した話題作。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません