ミックス。

第3回 邪魔する気はないんだ…たまには声聞きたいなって

かつては天才卓球少女と呼ばれた富田多満子(28)は卓球を捨て、平凡なOLとなっていた。普通の幸せを手に入れるため、夢に見た王子様と付き合い始めた多満子だが、強力なライバルが出現し…!?
月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」の脚本家、古沢良太の映画「ミックス。」オリジナルシナリオ!


22 同・体育館(日変わり)

江島、手を取って愛莉に教えている。二人とも楽しそう。

見ている多満子、江島と目が合い、満面の笑みを作って手を振る。

江島、微妙な表情で小さく手を挙げただけで、すぐに愛莉の指導に。

多満子「……(自分に言い聞かせるように小さくうなずく)」

多満子の声「もしもし私、大会近いから大変だよね、邪魔する気はないんだ。たまには声聞きたいなって」

江島の声「小笠原とミックスに出ることになっちゃってさ」


23 江島のマンション・部屋(日変わり・夕)

江島の声「あ、ミックスって男女混合ダブルスね。正直、彼女やりにくくて、相性よくない。へとへとだよ」

多満子の声「(ちょっと嬉しい)そっか、大変だね」

江島の声「早く大会終えて、多満ちゃんに会いたいよ」

豪華な料理が準備してある。手作りバースデーケーキも。『ハッピーバースデー江島くん』

鏡の前で、自分自身をプレゼントに見立てたリボンの飾り付けを手直ししている多満子。

江島が帰ってきた気配。

多満子、電気を消し、わくわくして身を隠す。

江島がすぐそばに来た気配。

リボンを付けた多満子、飛び出す。

多満子「サプラーイズ!」

目の前で、江島と愛莉がもつれ合っていた。

多満子「うわあーッ!」


24 渚テクノロジー・イベントスペース(日変わり)

舞台袖、チアリーダーの多満子、どんよりした顔。

「わー!」と飛び出してゆく庶務課女子一同。

江島と愛莉の壮行会。

江島と愛莉の目の前で応援ダンスを踊る多満子。

沙希「行け行け江島!頑張れ頑張れ愛莉!」

庶務課女子一同「二人は最高!二人は最高!」

多満子「(死んだ魚の目)」

江島・愛莉「……」

江島・愛莉の眼前で踊り続ける多満子──。


25 同・庶務課

課長のデスクに置かれた退職届。


26 ローカル線

走る列車。冬の情景。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

全脚本+映像では未収録となった幻のシーンが付録についた完全版。著者による描き下ろしの表紙、挿絵イラストも!

この連載について

初回を読む
ミックス。

古沢良太 /コルク

偶然の出会いが、わたしの人生を変えたーー。 脚本家・古沢良太の映画「ミックス。」オリジナルシナリオを特別公開! 男女混合ダブルスに挑む、元“天才卓球少女”を演じた新垣結衣が、日本アカデミー賞主演女優賞を受賞した話題作。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません