ミックス。

第2回 人生に奇蹟は起きない。ある日突然王子様が出現することなど

母親のスパルタ教育を受け、かつて天才卓球少女だった富田多満子(28)。母の死後、卓球を捨て、夢に見た平凡なOL生活を送っていたが、普通の恋をして普通の家庭を築く相手には、出会えずにいた…。
月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」の脚本家、古沢良太の映画「ミックス。」オリジナルシナリオ!


13 同・廊下(翌日)

多満子、書類を抱えて歩いている。

バランスを崩して書類を落とし、拾う。

多満子モノローグ「人生に奇蹟は起きない。ある日突然王子様が出現することなど……」

通りかかった男性が手伝ってくれた。

多満子「ありがとうござ……(相手の顔を見て、硬直)」

スーツ姿ではあるがピアスがオシャレなその美男子は微笑んで、重役に社内を案内されながら去って行った。

多満子「……(はっと壁の掲示板を見る!)」

掲示板に、『ついに卓球部発足!実業団に殴り込み!』なるチラシ。


14 同・庶務課(日変わり)

社員たちの前で挨拶しているユニフォーム姿の卓球部員(男子2名、女子2名)。その先頭で自己紹介している江島晃彦(28)。

江島「江島晃彦です。さらなる飛躍を求めてこの地へ参りました。目標は勿論、全国制覇。そして世界を獲ることです。よろしくお願いします!」

ざわついている女子社員たちの中で、ぽかんと口を開けて見ている多満子。

多満子「……(頬をつねってみる)」


15 同・イベントスペース(日変わり)

江島たち卓球部の大会優勝祝賀会が開かれている。

舞台袖で、チアリーダーの恰好をしている多満子たち庶務課女子。

多満子「(恥ずかしい)庶務の仕事かな……」

沙希「行くよ!」

「わー!」と出てゆく。

多満子たち「優勝おめでとー!」

出て行った勢いのまますべって豪快にダイブし料理をぶちまける多満子。

×     ×     ×

終わって解散後、一人テーブルを片付けている多満子。

そこに、誰かが手伝いに来てくれた。

江島「一人で大変ですね」

多満子「誰かがやらないと、明日使う人が……」

江島が手伝っている。

多満子「あ、あの、いいです、腰でも痛めたら大変なんで」

江島「目の前で女性が力仕事してるの無視できないですよ。お名前何でしたっけ?」

多満子「庶務の富田です……富田多満子……」

江島「じゃあ多満ちゃんだ(と笑いつつ、ふと思い当たったように改めて多満子を見る)」

多満子「……(思わず顔を伏せる)」

江島、執拗に多満子の顔を覗き込む。

多満子、観念して微笑む。

江島「やっぱり。(多満子の顔についていた物を取る)スイカの種だ」

多満子「……」

笑い合う多満子と江島。


この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

全脚本+映像では未収録となった幻のシーンが付録についた完全版。著者による描き下ろしの表紙、挿絵イラストも!

この連載について

初回を読む
ミックス。

古沢良太 /コルク

偶然の出会いが、わたしの人生を変えたーー。 脚本家・古沢良太の映画「ミックス。」オリジナルシナリオを特別公開! 男女混合ダブルスに挑む、元“天才卓球少女”を演じた新垣結衣が、日本アカデミー賞主演女優賞を受賞した話題作。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません