飯尾和樹のようでありたい

今回の「ワダアキ考」で取り上げるのは、お笑い芸人・ずんの飯尾和樹。人気ドラマ『アンナチュラル』に出演するなど、活躍の場を広げています。なにでブレイクしたのかというと、どうもピンとこない飯尾和樹ですが、その魅力について武田砂鉄さんが考えます。

「あの雪の日です!」

『マツコ&有吉 かりそめ天国』で、地域のNo.1キャバ嬢を決定する不定期企画に登場する飯尾和樹だが、2月の放送回では東京が大雪に見舞われた日の収録となった。飯尾は開口一番、「あの雪の日です!」と言った。とてつもなくハイセンスではないか。1月23日、都内で20センチ以上積もった大雪の日のロケを数週間後に見ることになる視聴者が、画面に映る大雪をどのように捉えるかを予見している。視聴者の捉え方とはまさしく「あの雪の日」であった。それを、雪が降っている現在から予告してくる。メンタリストなる職種よりもよほど人のメンタルを見透かしている。

「現実的な話をしようよ」とか言う人

飯尾和樹には「現実逃避シリーズ」というネタがある。「平日の昼間からゴロゴロォゴロゴロ」と言いながら、「あ~あ~ ウインクひとつで何でも手に入ったらなぁ~」などと添えるネタだ。大人になってからというもの、「たられば」の話をしていると、「現実的な話をしようよ」と遮ろうとする人が結構いるので驚く。そもそも、あなたの現実とわたしの現実は違う。まず必要なのは互いが持つ思考の振れ幅を知ることであり、そのために「たられば」を重ねて感性を把握することは何より現実的なプロセスだと思うのだけれど、そんな模索をしているうちに、現実的な話を好む人は現実的な人と現実的な話をしている。そして平日の昼間に取り残されるのだ。

「現実逃避シリーズ」で最も好きなのは、「あ~あ~ 『あなたの生き方が好きよ』って加賀まりこさんに言われたらなぁ~」と、「あ~あ~ なにかしらワールドクラスのモノ、持ってたらなぁ~」の2つである。少し前に『置かれた場所で咲きなさい』という本が流行ったけれど、一見、「平日の昼間からゴロゴロォゴロゴロ」と同義にも思える。現実逃避シリーズは、とにかく置かれた場所を動かない。だが、咲こうともしない。現状の自分を肯定してくれる他者や、自分でも未だに発見できていない何かが自己負担ゼロで発掘されることを望むのだ。

その状況把握能力
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

武田砂鉄さんの新刊が出ます

日本の気配

武田砂鉄
晶文社
2018-04-24

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

takatomo1225 たしかに言われたい!「あ~あ~ 『あなたの生き方が好きよ』って加賀まりこさんに言われたらなぁ~」 約1年前 replyretweetfavorite

marekingu #スマートニュース 約1年前 replyretweetfavorite

elba_isola |武田砂鉄 @takedasatetsu |ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜 すごいわかる。ネジは固く締めすぎないほうがいい、という好例。 https://t.co/QYIPDOz585 約1年前 replyretweetfavorite

samonakikotowo 今週も打ちすぎた膝が赤くなるほどガッテン 飯尾ファン必見 |ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜|武田砂鉄|cakes(ケイクス) https://t.co/Kkli33alB0 約1年前 replyretweetfavorite