優雅なリタイア組もいれば、困窮老人も…タイのロングステイ事情

日本での生活にちょっと疲れてしまったら、今での生き方を少し変えてみたいと思ったら…肩の力を抜いて過ごせるアジアで暮らしてみるのはどうでしょうか? 
アジア10カ国の移住情報を収めた『海外暮らし最強ナビ【アジア編】』の中から、日本人にとって一番住みやすい国と言われる「タイ」の最新事情を特別連載いたします!
今回は、老後の拠点をタイに移した人たちのお話です。

シニアもタイを選ぶ時代

80万バーツ(約266万円)相当の外貨をタイに持ち込み、タイの口座で維持をすること。50歳以上であること……。

それがタイのリタイアメントビザ取得の条件だ。他国より、「ロングステイ推進国」であるマレーシアよりも、実は条件がいいのだ。

およそ300万円の初期資金が必要になってくるわけだが、そのあたりについては、現地の日系コンサルタントがいろいろと相談に乗ってくれるだろう。

この制度を利用して、まだ50代であるのに、早期退職してゆったりとセミリタイア生活を送っている人もいる。子供たちがそれぞれ独立し、老後の拠点をタイに移して悠々自適に生きる夫婦もいる。

ロングステイヤーの多いタイ北部

首都バンコクにもたくさんの日本人シニアがいるが「日本食がなんでもあって便利なんだけど、人の多さと空気の悪さ、騒々しさがちょっと」と、北部チェンマイの近郊に移り住んだのは森本さん夫妻。どちらも60代前半だ。40代の頃、夫がタイ駐在だった。子供は日本の学校を離れたくなかったので寮に入れ、3年ほどふたりでバンコクに住んだ。

「その頃から、老後はタイで、となんとなく話し合っていました」

はじめはチェンマイ中心部のコンドミニアムに住み、メーバーン(家政婦)も雇っていたが、いまはやや郊外の一軒屋に移り住んだ。家賃は6万円ほど。

「日本で暮らしていた家よりも、ずっと広くて快適。ただ水回りはときどき故障が……」

メーバーンは掃除などの手伝いに週に1度だけお願いしている。市内のスーパーマーケットに、ときどき日本の食材を買いに行くのを手伝ってもらったりもする。そのほか2、3か月に1度ほど、バンコクに「買出し」に行くこともある。

「チェンマイは暑いだけでなく、冬場はいくらか涼しくなり、寒さを感じることもあります。そのメリハリが、日本人には必要かな、と。田舎育ちなもので、遠くに山が見えるのもなんとなく落ち着くんです」

いまはとにかく静かな日々を、夫婦水入らずで。

「どちらかの身体にガタがきて、もう無理かな、と感じるまでは、ここにいようと思っています」

食うに困ってタイに来たシニアも

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

アジア暮らしは誰にでも簡単にできます!

この連載について

初回を読む
アジアの達人が教える、最強のタイ暮らし

室橋裕和

日本での生活にちょっと疲れてしまったら、今での生き方を少し変えてみたいと思ったら…肩の力を抜いて過ごせるアジアで暮らしてみるのはどうでしょうか?  アジア10カ国の移住情報を収めた『海外暮らし最強ナビ【アジア編】』のなかから、日...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tomeiningenni https://t.co/2nxxk 11ヶ月前 replyretweetfavorite

gajigajiro 俺の老後は決まったかな。 2年以上前 replyretweetfavorite

marekingu #スマートニュース 2年以上前 replyretweetfavorite