不美人であることを逆手にとった、醜子のモテ戦略

小説家の森美樹さんが自分自身の経験を交えながら、性を追及し、迷走する日々を綴るこの連載。今回は森さんの学生時代を振り返ります。モテる不美人とは一体どのような人なのでしょうか。

「♪美しさは罪~」、というフレーズから始まるアニメソングを聴いた時、私はまだ小学生だったが、ひどく納得したものだ。

私の親友はクラス一の美少女で、休み時間毎に、男子から遊びの誘いを受けていた。その頃、流行っていたのがブランコ二人乗りで、男子が立ちこぎをし女子は座って優雅に景色を眺めるというものだった。

シャイな男子は、決してひとりでは誘いにこない。日替わりでふたりやってきて、美少女と私に声をかける。男子の目の輝きで、ターゲットは美少女なのだと否応にも感じてしまう。「引き立て役なんてまっぴら!」と叫びたいのはやまやまだったが、子供とはいえ私も女、単純に男子とブランコに乗りたかった。

さらに、親友とはいえその子も女、「私のおかげだよね」とチラッと顔に描いてあった。いや、描いてなかったかもしれないが、描いてあったように見えた。いたいけな私にささやかな悪魔心まで生み出させてしまう、やはり美しさは罪なのだ。

「醜いからこそモテる」という罪

しかし数年後、醜さもまた罪だと知る。「目をそむけたくなる罪」ではなく、「醜いからこそモテる」という罪である。

美しさは、当人の意思があるなしに関わらず、男性の理性や人生を狂わせてしまう。つまり、頭が悪くても成立するのが、美しい人の「モテ」だ。

片や醜い人がモテるには、頭が良くないと無理だ。自分の醜さを逆手にとった上での自己プロデュース能力や、相手の心をつかむための戦略や観察眼が必要となってくる。

加えて「モテ」の要素は、年齢によって変わっていく。幼稚園~小学生までは、目が大きくて丸顔で愛嬌のある子が人気を集めた。そう、性的欲望が芽生える直前までは、愛玩動物を彷彿とさせる子がモテるのだ。以前、保育士をしている友人に聞いたのだが、「小さい子は、丸で囲めるような容姿に惹かれる」という。丸い目、丸い顔、丸いおっぱい、等々。それが、性的欲望が芽生える年齢になると、単純にはいかなくなる。

人間、誰しもがモテたい。とはいえ在りし日の私は、美と醜という残酷な境界線で振り分けたら、間違いなく醜の住民だった。さらにひねくれ者だったので、「別にモテなくても生きていける。私と同等に醜い人だってたくさんいる」とクラスメイトを物色し、勝手に仲間意識を押しつけていた。

あれは、中学2年生の夏休みだった。同じ醜グループだと思っていた女子が、上級生のカリスマ的モテヤンキーとかけおちしたのだ。実は私も密かに憧れていたモテヤンキー君。それが醜子(しゅうこ)(仮名)と!

ここから私のモテ研究が始まった。醜子は、色黒で地味目な顔立ち、体型は棒のようだった。特にしゃれっ気もなく、ヤンキーでもない。両親はともに教員という堅い家庭で育ち、醜子自身も頭が良かった。モテヤンキーと醜子には何の接点もないし、クラスでも目立たなかったおとなしい醜子がギャンブルのような人生を選んだのは衝撃で、あやうい年代の私達を刺激した。学校中が好奇の目でふたりの行く末を推理し、「醜子の祖父母が住む新潟に身を寄せた」だの「スーパーの試食品をふたりで食べていた」だの、噂が飛び交い始める。やがて醜子は学校を辞めた。妊娠したのだ。

ルックスに恵まれない人ならではの戦略

皆さんは、醜子って成績は優秀だったけど、結局バカだったんじゃないの? と嘲るだろうか、浅はかだと罵るだろうか。私は、醜子は精一杯に頭を使って、心の底から好きになった人に体当たりをしたのだと、羨ましくなった。きっと綿密に計画を立て、あえてモテヤンキーが好みそうなルックスを目指さず、どうやったら強烈に印象づけられるかだけを考えた。

醜は、時に美よりも忘れがたい。とりわけ、自分の魅力=美を自覚している人にこそ、この焼き印は効く。「なんでおまえみたいなブス(あるいはゲス)が、俺様(あるいは私様)に向かってくんの? しかも丸腰で」といった具合に、最初は嫌悪感が沸くかもしれない。ところが醜グループの頭脳派は、嫌悪も興味の範疇だと熟知しているため、狙いを定めてピンポイントに矢を放ち、かと思えば菌類のように、相手の心を360度くまなくジワジワ侵食するのだ。

以前、別の醜子(醜子2)が私に言ったことがある。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
アラフィフ作家の迷走性活

森美樹

小説家の森美樹さんは、取材や趣味の場で、性のプロフェッショナルや性への探究心が強い方からさまざまな話を聞くのだそう。森さん自身も20代の頃から性的な縁に事欠かない人生でした。47歳の今、自分自身の経験を交えながら、性を追及し、迷走する...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kous37 この文章、さすが読ませるなあ。面白い。 7ヶ月前 replyretweetfavorite

marekingu #スマートニュース 7ヶ月前 replyretweetfavorite