受け取ることができなかった、おばあちゃんからの贈り物

【過去の夢⓺】
受験のイライラからおばあちゃんにひどいことを言ってしまった。そのまま、おばあちゃんからの贈り物を受け取れずに東京に出てきてしまったまま月日はたっていった。その事が気になって実家に連絡をしてみたのだが……
<WEAVERの河邊徹がドラムスティックからペンに持ち替えて描いた作家デビュー作!>

イラスト:堀越ジェシーありさ



 イライラしてたのは私だ、と今なら思う。だけど、当時の自分はそんな風に冷静に自分を見ることができなかった。アキコの驚いたような表情は今でもはっきり覚えている。

 その時以来、あまり厳しいことを言われなくなった気がする。

 大学は無事合格した。家から一時間半ほどかかる場所にあった大学は、歴史のある美しい大学だった。麻美の大学生活は、とにかく忙しかった。学業に熱心だったわけではないが、通学時間やバイト、サークルの仲間との集まりなどで、自然と家で過ごす時間は短くなった。

 そもそも受験勉強をしていたことも、短大に行ったことも、全て親との約束が理由だった。やりたいことがきっと見つかるから、と言われて進学したが、短大の勉強の中でなりたい自分は見つからなかった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
夢工場ラムレス

河邉徹

WEAVERのドラマー・河邊徹の作家デビュー作。バンドで作詞を担当してきた河邊の 〝言葉の世界〟をドラムスティックからペンに持ち替え、描いた「夢」をテーマにした長編作。 ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません