女子生徒と僕の間で勃発したクラス内「冷戦」

都内の某私立高校で教師をしている30代の海老原さんが、学校内で起こるさまざまな出来事を綴っていく本連載。今回は、生徒から「先生とは話したくない」と、絶縁状が送られた話です。女子生徒の一方的な宣言によって「冷戦」状態となってしまった海老原さん。彼女とどんな1年を過ごしたのでしょうか?

「海老原先生とはなるべく話したくないです」。

高校に赴任して2年目。4月最初のホームルームで、クラス替え後の新高2の生徒に自己紹介カードを書いてもらうと、その一枚にはこう書かれていた。

この連載でも綴ってきた通り、赴任1年目には失敗が多くあった。けれど、生徒には誠実に対応してきたつもりだった。生徒から信頼されている。うまく学級を運営している。男女分けへだてなく目を配っている。そうした自信が僕になかったといえば、ウソになる。

2年目の春、早々とそれが過信だとわかった。1年の時まったく関わりのなかった女子生徒から、縁が芽生えるより先に示された絶縁状によって。

ハァーッ!?(怒)

小さくないショックを覚えると同時に、僕にはみりみり怒りさえ湧いてきた。一度も話したことないくせに、お前は俺の何を知ってる!? 俺だってお前のことなんてなーんも知りたくねーからな!

炎猛る不穏な4月、彼女と僕の、口をきかないクラス内「冷戦」が始まった。

ふん、オトナなめんな!

その生徒はふだんから言葉少なめだったが、周りの何人かの女子とは笑顔で接していた。そしてダンスが大好きで、昼休みや放課後もよく校内で踊っていた。

放課後、何人かの生徒と僕で談笑しているとき、彼女も僕もあははと笑っているが、「いかん! ニアミス」と心中であせっている。そして互いの笑顔も笑い声もまったく交差しない。目すら合わせようともしない。黙殺の応酬。ふん、オトナなめんな!

生徒の一部は、なぜか自己紹介カードの「絶縁状」を知っているようで、「どうするんすか~、先生」とニヤつきながら冷やかしてくる。僕は「この場合、“どうもしない”のが正解でしょうが」と応じるばかり。

とはいっても彼女は成績優秀で、いたずらをしでかすわけでもない。遅刻や欠席もない。いたって真面目に高校生活を楽しんでいる。

気づけば僕の世界史の授業だって、ていねいにノートを取っているし、説明にも集中して耳を傾けている。教室を周りながら彼女のノートを目に入れると、自ら評価した重要度に応じて色ペンを引き、文字の大きさを変えていた。

その姿勢には敬意を表さざるをえなかった。一方、僕を冷やかしてきた生徒のほうは、うたた寝……。

会話しないというルールを厳守しつつも

このコントラストを前に、僕の怒りは日に日にしぼんでしまった。そして、会話しないというルールを厳守しつつ、1年間彼女を見守ろうと改心した。1学期半ば、彼女と会話したのは一度きり。「いいか、なるべく話さないようにするから。困ったことがあった時だけは、ちゃんと伝えろよ?」

やがて1学期終わりにはこのしきたりに慣れ、毎日彼女を目の端に見守るという所作をマスターした。笑顔や言葉をかわすのでもなく、目を合わせるのでもなく、それでいて存在と表情を視野に入れる。どこまでそれがうまくいったかは、わからないけれど。

その頃には、いつぞや同僚の先生がつぶやいていた、「みんなに好かれようとしちゃダメだよ。無理が来るからね」との言が腑に落ちるようになっていた。

結局、僕は、どこかでスター教師願望を抱いていたのだろうか。分け隔てなく、みんなの海老原ですよ。あなたのこと、僕がしっかり見てますよ……。うさん臭い「教師のかがみ」を、半ば意識しつつ追い求めていたのかもしれない。

それを一人の生徒に真っ向から拒否され、怒りさえ覚えた自分はどうにも幼稚だった。1学期の終業式後、僕がそんな反省モードになった時点で、「冷戦」は僕の負けだったというほかない。無念……。

三者面談で彼女に伝えた言葉

1学期に確立したしきたりを胸に2学期に入り、三者面談を冬に迎えた。その女子生徒とは正反対に(?)ニコニコした朗らかなお母さんにホッとしつつ、それに負けないスマイルで、僕は率直に次のように伝えた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
教室では言えない、高校教師の胸の内

海老原ヤマト

一般企業に就職した後、私立高校で先生をすることになった30代前半の新米教師が、学校内で起こるさまざまな出来事を綴っていきます。教室や職員室での悲喜こもごも、そして生徒の言葉から見えてくる、リアルな教育現場とは?

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

c___v 海老原先生の話すき 約2年前 replyretweetfavorite

Syuri_Voice 先生も大変だなぁ。 2年以上前 replyretweetfavorite

growthfive なんかちょっと温かい話じゃないか( ・_・) #スマートニュース https://t.co/oAuK73jpnL 2年以上前 replyretweetfavorite

marekingu #スマートニュース 2年以上前 replyretweetfavorite