柳井政和「レトロゲームファクトリー」

柳井政和「レトロゲームファクトリー」第3回

大手ゲーム会社グリムギルドから契約破棄され、プログラマーの白野高義はただ途方に暮れていた。そんな彼に救いの手を差し伸べたのは、見知らぬ強面の男――。
電子書籍文芸誌「yom yom」に掲載中の人気連載を出張公開。

※こちらの画像はTwitterなどに転載自由です。その際は、以下の一文を入れてください。
「レトロゲームファクトリー(新潮社/柳井政和)」

「おい、ナナ。奥のテーブルを使うぞ」
 カウンターの向こうにいる若い女性マスターに声をかけ、灰江田は店の奥に向かう。
「あのね、灰江田さん。今月、まだ一度もコーヒー代を、払ってくれていないんだけど」
 ナナと呼ばれた女性が声を返してきた。眼鏡をかけており、髪を首の辺りで結んでいる。ゼリービーンズのような唇の、すらりとした美人だ。
 灰江田が説明してくれる。彼女は、七島奈々(ななしまなな)、二十六歳。独身者が多い常連客たちからは、ナナちゃんと呼ばれており、地下アイドルのような扱いを受けている。
 高校時代に剣道部だったナナは、大学を卒業したあとIT系通販会社に入社した。そこでパワハラセクハラ上司を、自撮り棒でぶん殴って退職した。その後、無職でぶらぶらしているところを祖父に捕まり、ドットイートで雇われ店長をすることになった。
 ナナの祖父、鬼瓦源吉(おにがわらげんきち)はファミコン時代に活躍した老舗ゲーム会社オーガワークスの元社長だ。鬼瓦は、古参のゲーム業界人のあいだでは有名な、レトロゲームの収集家だ。ナナは子供の頃から、祖父の家に行くたびにゲームをしていたため、英才教育と言ってよいほど昔のゲームを遊んでいる。  
 鬼瓦は、横浜市内に複数のビルを持っており、この鬼瓦第三ビルもその一つだ。一階に喫茶店、二階三階に小さな事務所が入っており、四階五階は倉庫になっている。灰江田はグリムギルドを辞めたあと、いくつかのゲーム会社を転々として、鬼瓦と知り合った。灰江田は、このビルの倉庫にある鬼瓦のコレクションの管理を条件に、格安で事務所を借りたそうだ。  
 ドットイートをオープンするために鬼瓦は、随分と骨を折ったらしい。家庭用ゲームを喫茶店で使うのは、本来の用途とは異なる。過去には業務用ファミコンもあったぐらいだ。鬼瓦は「自分は業界の人間なので筋を通す」と言い、多くの会社と交渉して、店内でゲームを利用する許可を得た。どんな話をしたのか知らないが相当なコネだ。ドットイートでは、許可が取れた家庭用ゲーム機やソフトには、黄色い星のシールが貼ってある。それ以外は展示のみだ。また、ゲームの持ち込みは自由で、マイゲームを持参する者も多いという。  
 レトロゲーム収集家と不動産長者の顔を持つ鬼瓦は、現在隠居して近くの高台に住んでいる。鬼瓦は、店を開いてしばらくはマスターをしていたが、いまは孫娘のナナをマスターに据えて、悠々自適のゲーム三昧の生活を送っているそうだ。
 灰江田の話をしばらく聞いていると、ナナがコーヒーを運んできた。ナナはそのまま椅子を持ってきて通路側に座り、二人を見比べた。
「どうしたの灰江田さん。こんな若くてかわいい子をたぶらかしちゃって」
「おいおい人聞きが悪いことを言うな。ちょっと前に助けてやったんだよ。グリムギルドに約束を反故にされて、困っていたみたいだったからな」
「ふーん、灰江田さんの好みかと思っちゃった」  
 ナナは、灰江田にねっとりとした視線を向けたあと、白野を見てにっこりと微笑んだ。
「ねえ、きみ、なんて言うの」
「白野高義です」
「漢字はどう書くの」
「白色の白に野原の野、下の名前は、高いに義理の義と書きます」
「へー、高いに義理の義ね。きみ、子犬みたいだからコーギーって呼び名にしよう。灰江田さんも、そのニックネームで呼んでね」
「え、ええ」
 突然の命名におろおろしていると、灰江田が面倒くさそうにため息を吐いた。
「いいか、気にするなコーギー。こいつは、こういう勝手なことをする奴なんだよ。まともに取り合ったら負けだ」  
 灰江田はなだめるように言う。しかしその口調とは裏腹に、灰江田も白野のことをコーギーと呼んでいた。白野が責めるような視線を向けると、灰江田は一瞬考える仕草をする。自分がコーギーと口にしたことに気づいていないようだ。
「それでコーギー、お礼以外にも用件があるとメールに書いてあったよな。どういう用なんだ」  
 そうか、コーギーで確定なんですね。白野は肩を落として諦める。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

2018年4月号はエブリスタ「20,000字小説コンテスト」結果発表、俳優・植田圭輔インタビューほか。あらゆるエンタメを自由に楽しむ電子の文芸誌、毎奇数月第3金曜に配信!

yom yom vol.49(2018年4月号)[雑誌]

宮木あや子,垣谷美雨,鴻巣友季子,植田圭輔,門井慶喜,青柳碧人,梶尾真治,三上延,中山七里,中江有里,武田綾乃,瀧羽麻子,町田そのこ,最果タヒ,堀内公太郎,柳井政和,柏井壽,ふみふみこ,新納翔,トミヤマユキコ,カレー沢薫,文月悠光,新井久幸
新潮社
2018-03-16

この連載について

初回を読む
柳井政和「レトロゲームファクトリー」

柳井政和 /新潮社yom yom編集部

失踪した伝説的ゲームクリエイターの謎を追え――。 『裏切りのプログラム ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬』で小説家デビューを果たした プログラマー・ゲーム開発者が贈る、本格ゲーム業界小説! 電子書籍文芸誌「yom yom」に...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ruten 小説『レトロゲームファクトリー』のcakes連載第3回が、先週の金曜日に公開されました。ゲーム好きの人も小説好きの人も是非。 https://t.co/kWpIfTLGRQ #cakes #小説 #ゲーム #レトロゲーム https://t.co/qPADif1DiE 10ヶ月前 replyretweetfavorite

ruten 小説『レトロゲームファクトリー』のcakes連載第3回が金曜日に公開されました。ゲーム好きの人も小説好きの人も是非。 https://t.co/kWpIfTu5tg #cakes #小説 #ゲーム #レトロゲーム https://t.co/xzK3inbYMA 10ヶ月前 replyretweetfavorite