新たなる希望

「私」はどこからきたのか?1969年7月20日。人類がはじめて月面を歩いてから50年。宇宙の謎はどこまで解き明かされたのでしょうか。本書は、NASAの中核研究機関・JPLジェット推進研究所で火星探査ロボット開発をリードしている著者による、宇宙探査の最前線。「悪魔」に魂を売った天才技術者。アポロ計画を陰から支えた無名の女性プログラマー。太陽系探査の驚くべき発見。そして、永遠の問い「我々はどこからきたのか」への答え──。宇宙開発最前線で活躍する著者だからこそ書けたイメジネーションあふれる渾身の書き下ろし!人気コミック『宇宙兄弟』の公式HPで連載をもち、監修協力を務め、NASAジェット推進研究所で技術開発に従事する研究者 小野雅裕がひも解く、宇宙への旅。 小野雅裕の書籍『宇宙に命はあるのか ─ 人類が旅した一千億分の八 ─』を特別公開します。


ボイジャーが地球で旅の準備をしていた頃、別の探査機が火星の真の姿に迫っていた。

火星の理解の進展は、探査機の技術の進歩の直接的結果である。初の火星探査機マリナー4号はフライバイだった。特急列車のように火星を通過する瞬間に22枚の写真を撮るだけのミッションである。

一九七一年に火星に到着したマリナー9号は、図右上のようにエンジンを逆噴射して火星の重力に捉えられ、史上初の火星の人工衛星となった。その後、約一年弱にわたって火星を周回しながら全体をくまなく撮影し、7329枚もの写真を送ってきた。このように、対象となる世界の人工衛星となるタイプの探査機をオービターという。オービターはフライバイよりはるかに多くのデータを集めることができる。

さらに一九七六年、バイキング1号・2号が火星への史上初の着陸に成功した。着陸機のことをランダーと呼ぶ。上空から広範囲をカバーするオービターに対し、ランダーは着陸した一点を深く観測できる。

そして現代では六輪のローバーが火星の赤い大地を走っている。ローバーはランダーの観測を点から線へと拡張することができる。

ちなみに二〇二〇年には火星の空をドローンが飛ぶかもしれない。もし実現すれば、マーズ・ヘリコプター・スカウトと名付けられた重さ3㎏の小型ドローンはNASAのローバーに相乗りして火星へ行き、空を舞う。

では、これまでの探査で火星観は具体的にどう変わったのか。マリナー4号の22枚の写真によって与えられた「火星は死の世界」という認識は大局的には間違っていなかったが、二つの見落としがあった。一つは、現在の姿が過去の姿と同じとは限らないこと。 いま一つは、全ての場所が一様とは限らないことだ。

では、過去の火星には何があったのか?

水だ。およそ四十億年前、火星は液体の水があった。マリナー9号の写真には、蛇行する溝や三角州など、明らかに水が流れた結果作られた地形が写っていた。海があった可能性もある。さらに一九九七年にマーズ・グローバル・サーベイヤーが火星全体の標高マップを作った結果、北半球が一様に南半球より1〜3㎞ほども低いことがわかった。過去の火星の北半球は海、南半球は大陸だったのかもしれない。その頃の火星は、赤い惑星ではなく青い惑星だったかもしれない。

決定打を打ったのは、二〇〇四年に火星に着陸した二台のローバー、スピリットとオポチュニティーだった。水の中でしか生成しないミネラルや、流水作用で角が取れ丸くなった石を見つけた。過去の火星の表面に液体の水が存在したことは、もはや否定しようがなかった。それは即ち、濃い大気と温暖な気候があったことも意味した。地球は太陽系唯一のオアシスと思われていた。四十億年前には、オアシスは二つあったのである。

興味深いのは四十億年前という年代である。ちょうど地球に最初の命が生まれた頃だ。同じ太陽系の隣同士の世界によく似た環境があり、その一方に命が生まれた。ならば誰しもがこう思うだろう。

「そこにも何かいたのか?」

そして、現在の火星も単なる砂漠惑星ではなかった。赤道付近には標高2万5000メートル、エベレストの2.5倍もある太陽系最高峰のオリンポス火山がそびえていた。その山頂はほぼ宇宙空間にあり、空は昼でも暗く星が輝いている。その東には火山台地タルシスが広がっていた。標高3,000mから8,0000m、南極大陸ほどの広さのある巨大な高原だ。そしてタルシスの東端に深い切り傷のように走っていたのがマリナー峡谷長さ4,0000㎞、深さ7,0000mにも達する、太陽系最大級の峡谷だった。平均深度1,200mのグランドキャニオンは、マリナー渓谷と比べると子供のようである。


⽕星のマリナー渓⾕に⽴ち込めた霧。
Credit: NASA/JPL-Caltech

マリナー渓谷には時々霧が立つことが知られている。地面に霜が降りることもある。火星ローバーは空に雲が浮かぶ様子を撮影している。わずかだが雪も降る。極地方では地表を数センチ掘ると氷の層があることもわかった。火星の地下には大量の水が氷として眠っていることが、現在ではわかっている。さらに興味深いことに、数千万年前に噴火したとみられる溶岩地形も見つかった。数千万年といえども、惑星の時間スケールでは昨日のようなものだ。おそらく、現在も火星の火山活動は完全には停止していないと考えられている。

火星は完全に死んではいなかった。息絶え絶えではあるが、地質学的な意味での「命」を繋ぎ止めていたのである。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

コルク

この連載について

初回を読む
宇宙に命はあるのか ─ 人類が旅した一千億分の八 ─

小野雅裕

銀河系には約1000億個もの惑星が存在すると言われています。そのうち人類が歩いた惑星は地球のただひとつ。無人探査機が近くを通り過ぎただけのものを含めても、8個しかありません。人類の宇宙への旅は、まだ始まったばかりなのです…。 NASA...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

nekome_tw #スマートニュース 2年以上前 replyretweetfavorite

lycanthropebata #SmartNews 40億年前は水があってもねぇ(・ω-`;) https://t.co/iZpvjRBB3z 2年以上前 replyretweetfavorite

ikb 『二〇二〇年には火星の空をドローンが飛ぶかもしれない。もし実現すれば、マーズ・ヘリコプター・スカウトと名付けられた重さ3㎏の小型… https://t.co/lxridv8V1u 2年以上前 replyretweetfavorite