鳥は翼で空を飛ぶ。人はイマジネーションで月に行く

「私」はどこからきたのか?1969年7月20日。人類がはじめて月面を歩いてから50年。宇宙の謎はどこまで解き明かされたのでしょうか。本書は、NASAの中核研究機関・JPLジェット推進研究所で火星探査ロボット開発をリードしている著者による、宇宙探査の最前線。「悪魔」に魂を売った天才技術者。アポロ計画を陰から支えた無名の女性プログラマー。太陽系探査の驚くべき発見。そして、永遠の問い「我々はどこからきたのか」への答え──。宇宙開発最前線で活躍する著者だからこそ書けたイメジネーションあふれる渾身の書き下ろし!人気コミック『宇宙兄弟』の公式HPで連載をもち、監修協力を務め、NASAジェット推進研究所で技術開発に従事する研究者 小野雅裕がひも解く、宇宙への旅。 小野雅裕の書籍『宇宙に命はあるのか ─ 人類が旅した一千億分の八 ─』を特別公開します。


アポロは宇宙へ行けたのか?

ハウボルトとハミルトンのストーリーを読んだ後では、答えの半分は自明だろう。彼ら彼女らのように、常識と戦い、常識に打ち勝った人たちが大勢いたからだ。

常識を破るとは、言うのは簡単だが実行するのは困難だ。常識はまるで巨木のように、見えない地下で網の目のように根を広げている。幹をいくら押しても倒すことはできない。無名の四十万人の一人一人が、スポットライトの届かぬ地下で昼夜努力し、その根を一本、一本取り払っていった。そして木は倒れ、時代は超越され、人類は月に「小さな一歩」を残したのである。

だがしかし、もう半分の疑問が残っている。なぜ彼らは常識に染められることなく、打ち破ることができたのだろうか? 常識は覆すよりも受け入れる方がよほど簡単だ。盲目的に信じるのはもっと簡単だ。そもそも自分が常識に囚われていることすら気づかないことの方が多い。

ケネディーが「一九六〇年代の終わりまでに人類を月に送る」と高らかに宣言した時、アメリカの有人宇宙飛行の経験はたった十五分の弾道飛行を一度行っただけだった。使用したロケットはフォン・ブラウンがV2を改良して作った重量30トンのレッドストーン。その時代に、重量3000トンものロケットを作り、二週間の月飛行を行うなどという夢物語を、なぜフォン・ブラウンやマーシャル飛行センターの技術者たちは常識外れだと思わなかったのだろうか?

月に着陸することはおろか、無人探査機を月にただ衝突させることすら六回連続で失敗していた時代。GPSなどなく、地球上の船すら灯台の光に頼って航海していた時代。38万㎞離れた月の軌道上で、二台の宇宙船が場所と速度をぴったり合わせてランデブーすることが可能だと、どうしてジョン・ハウボルトは信じることができたのだろうか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

コルク

この連載について

初回を読む
宇宙に命はあるのか ─ 人類が旅した一千億分の八 ─

小野雅裕

銀河系には約1000億個もの惑星が存在すると言われています。そのうち人類が歩いた惑星は地球のただひとつ。無人探査機が近くを通り過ぎただけのものを含めても、8個しかありません。人類の宇宙への旅は、まだ始まったばかりなのです…。 NASA...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tipi012011 イマジネーションか。。 2年以上前 replyretweetfavorite

ikb 『人はイマジネーションの力で月に行ったのである』 わかる。 そう。何度も何度も、夢を見る。現… https://t.co/pnSiVpHfg7 2年以上前 replyretweetfavorite

syouwaoyaji 鳥は翼で空を飛ぶ!! 人はイマジネーションで月に行く!! https://t.co/hgk6mWOtKI 2年以上前 replyretweetfavorite