横尾忠則「​サンタナのアルバム・ジャケット」

【第8回】1970年代、ロックミュージシャンのアルバムのジャケットも手がけた横尾さん。サンタナ、ビートルズとも仕事の話があったと言います。さらにはビートルズや三島由紀夫から刺激を受けて、インドや精神世界へ興味を広げていきます。(聞き手・平野啓一郎)

サンタナのアルバム・ジャケット

平野啓一郎(以下、平野) 横尾さんは音楽との関係も深いのですが、じつは僕自身も横尾さんの存在を初めて知ったのは、中学生のときにサンタナの『アミーゴ』というアルバムを買って、「これ、日本人がデザインしているんだ」というので「横尾忠則」という名前を知りました。

その頃、僕はちょうど三島由紀夫に傾倒し始めた時期だったんで、「ここに名前の出てくるあの横尾忠則が、このサンタナのアルバムを作った人か」とだんだん自分のなかで結びついていったんですけど、ビートルズとかローリング・ストーンズとか、横尾さんも早い段階からロックを聴いていたんですか?

横尾忠則(以下、横尾) 67年にアメリカに行くまで、僕は演歌ばっかり聴いていたんですよ。

平野 そうですか。ではどういった経緯で、ロックミュージシャンのアルバムのジャケットの仕事などされるようになったのですか?

横尾 最初はね、これはサンタナの前なんだけれども、日本でカラージャケットを作ったんです、一柳慧さんと。そのときに、ビートルズに送ったんですね。

そうしたら、ジョン・レノンとリンゴ・スターから手紙が来て、「俺たちも、こういうカラーレコードを作りたい」と。そこで僕は会社に話をしたんだけれども、それをやると何百万という数を作るから、日本に工場を建てないといけない。「それはできない」と言われて、「ああ、そういう美味しい話っていうのは大体実現しないものだな」と思っていた。

それからしばらくして、サンタナの話がきたんですね。サンタナを率いるカルロス・サンタナはインドの宗教に傾倒していて、シュリ・チンモイというグル(指導者)に師事していたんです。その頃、僕も精神世界的なものに興味があったから、ソニーの人がサンタナに僕を紹介してくれたんです。

そうしたら、彼がすぐに気に入って、「とにかくアルバムのジャケットを作ってくれ」というのでデザインした。最初は『ロータスの伝説』(1974年)で、ダブル・ジャケットだったんです。だから4ページですよ。でも気がついたら22ページになって、すごく大がかりなものになっちゃってね。

平野 その頃は、もう音楽としてもロックをよく聴くようになっていたんですか?

横尾 そうね。67年にニューヨーク行って、いきなり聴いたのはクリームです。「ロンドンから、ビートルズよりすごいグループが来る」と言うんだけど、僕はクリームを知らなかったんです。

それで小さいライブハウスでクリームを聴いて、びっくり仰天。「これ、何?」という感じで、ベトナム戦争の戦場に自分がいるような、音響にインボルブされてしまってね。「ロックってすごいな」と。

ニューヨークにいる間はフィルモア・イースト、それからウォーホルが作ったエレクトリック・サーカスでヴェルヴェット・アンダーグラウンドらがやっていたのを知って、もう毎週のように行っていた。そこで僕はロック漬けになっちゃったんですよね。

思想を持たない思想

平野 60年代から70年代にかけて、宇宙や神秘体験など、さらにいろいろなものにテーマを広げていかれます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

珠玉のインタヴュー集、かつ良質なブックガイド

この連載について

初回を読む
現代作家アーカイヴ~自身の創作活動を語る

飯田橋文学会

高橋源一郎さん、瀬戸内寂聴さん、谷川俊太郎さん、横尾忠則さん…小説家・詩人・美術家の人たちは何を生み出してきたか? 自身が代表作を3作選び、それらを軸として創作活動の歴史を振り返ります。創作の極意、転機となった出来事、これからの話ーー...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

bear_yoshi 「あの(三島の割腹自殺の)日の3日前に電話で話したとき、『薔薇刑』の三島さんを描いた僕の作品を見て、「君もいよいよインドへ行ってもいい時期が来たね」と言ったんですよ。」/  4ヶ月前 replyretweetfavorite

light_organ 横尾さん結構謎だったので、面白い! https://t.co/neNjf9Fzv8 4ヶ月前 replyretweetfavorite

suerene1 すごい興味深い。-横尾忠則 「絵画に思想なんか必要ないわけですよ。実際にセザンヌみたいに、林檎の絵とビクトワール山の絵ばかり描いて20世紀の芸術を変えてしまう、そういう革命がすでに起きていたし、絵のなかにすでに変革の要素がある」https://t.co/l6X2M3Jy3A 4ヶ月前 replyretweetfavorite

oriQ このインタビュー連載すごくおもしろい。三島由紀夫さんとの貴重なエピソードがきけて嬉しい。 4ヶ月前 replyretweetfavorite