なにごともうまくいかない日の過ごし方

今年の冬、アメリカ東北部を襲った異常気象。アメリカ在住の作家・渡辺由佳里さんの自宅も停電に見舞われました。買い出しに行ったスーパーでは車が故障し、楽しみにしていた予定がキャンセルに。さらには車を預けたディーラーに自宅の鍵を忘れ……。
そんな「踏んだり蹴ったりの日」が、振り返ると「すごく幸運な日」だったといいます。そのような心境に至った経緯はどのようなものだったのでしょうか?

アメリカ東北部を襲った大嵐

誰でもそうだと思うが、なにをやってもうまくいかない、いわゆる「踏んだり蹴ったり」の日がある。私にとっては、アメリカ東北部が大きな雪嵐に襲われた先週の土曜日がそうだった。
でも、「なにごともうまくいかない不運な日」が、振り返ると「とても幸運な日」になっていた。今日はそんなエピソードをご紹介しよう。

私が住むボストン周辺の冬は厳しい。11月には雪がちらつきはじめ、1〜2月にはたまに気温が零下20度以下になる。4月になっても大雪が降るし、零下の気温にもなる。若葉が出始めるのは5月になってからのことだ。それには慣れているのだが、今年の冬は異常すぎる。風が強くて実際の温度より低く感じる体感温度零下20度の気温が1週間続き、その後に20度近い初夏の気温まで上がったのだ。

そして3月上旬にやってきたのが、「爆弾低気圧(bomb cyclone)」という大嵐だった。各地で洪水が起こり、木々が倒れ、6人が死亡し、90万世帯以上が停電した。

それが完全に復旧しないうちに今度は暴風をともなう雪嵐がやってきた。まず大雨が降り、それがみぞれに変わり、雪になった。凍りついた木に重い雪が積もった後で台風なみの暴風が襲った。凍って柔軟性がなくなったところに多くの角度から重圧が加わるという、木にとっては最悪のシナリオだ。当然、多くの木が倒れ、枝が折れた。

娘の友達が遊びに来る日に停電

わが家は木々に囲まれた地域にあるので、こういう天候になると必ずといっていいほど停電する。今回もそうだった。わが家の敷地内だけでも大きな枝が折れて倒れ、屋根を直撃した。

電気だけでなく、電話も通じない。インターネットもだ。携帯電話を使うことはできるのだが、わが家周辺はふだんから携帯の通じにくさで悪名高い場所である。ネットが通じる図書館に出かける手もあるが、嵐の間は公共機関が閉まっているし、近所の道の数々は折れた木で通行止めになっている。つまり、まったく仕事にならない状況だ。

いつ復旧するのかわからない状態で停電3日目の土曜日を迎えた。
この日の夜は、メディカルスクール(医学大学院)に通っている娘とクラスメートがわが家に来る予定になっていた。夕食後に一泊し、翌日私の車を借りてメイン州にハイキングに行くという予定だった。娘たちは、ふだんメディカルスクールがあるボストン市内に住んでいるので、旅の気分を味わえる北部に行きたいようだった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
アメリカはいつも夢見ている

渡辺由佳里

「アメリカンドリーム」という言葉、最近聞かなくなったと感じる人も多いのではないでしょうか。本連載では、アメリカ在住で幅広い分野で活動されている渡辺由佳里さんが、そんなアメリカンドリームが現在どんなかたちで実現しているのか、を始めとした...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 2年以上前 replyretweetfavorite

shitian321136 「なにごともうまくいかない日」は「すごく幸運な日」なんとなくわかるw 2年以上前 replyretweetfavorite

a_ta_v6  ツキがあるってこう言う事だね! 2年以上前 replyretweetfavorite

hotspringmayou https://t.co/s6mDcxRy5O 2年以上前 replyretweetfavorite