第7回】 この上げ相場はいつまで続く?囁かれる過熱感と調整局面入り

昨年末からどんどん値上がりし、ついに東証REIT指数が1400を超えた。J-REIT市場の上げ相場はいつまで続くのか。

 J-REIT市場が沸いている。リーマンショック後、700~900台を行ったり来たりしていた東証REIT指数が、
昨年12月ごろから急激に跳ね上がっているのだ(図2‐8参照)。

 3月11日の終値は実に1407.28。ほんの3カ月前に比べて34%も値上がりしているのだから、方々から「スピードが急過ぎる」と、過熱感を警戒する声が上がるのも不思議はない。


 

 しかし、なぜここまでJ-REIT市場は活況なのか。

 牽引しているのは国内の銀行と投資信託だ(図2‐10参照)。昨年は円高や尖閣諸島問題などにより、輸出企業の株が振るわなかったため、結果的に内需向けのJ-REITが買われたといわれる。 また、昨年12月には自民党政権が復活。大胆な金融緩和を掲げるアベノミクスの一環として、日本銀行によるREIT買い入れ枠の拡大に期待が集まったことも後押しした。


 


 「鶏と卵」ではあるが、市況が改善して新規上場が増え、市場が拡大したことで、新たな投資家を市場に呼び込めたことも一因だろう。日本の不動産業界におけるM&Aだけ見ても、今年1~3月のJ-REITによる取得額が、飛び抜けて大きいことがわかるだろう(図2‐9参照)。 もちろん、オフィス市況が反転することへの期待感が市場を底上げしていることは言うまでもない。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
不動産マネー動く 【2】~沸騰するREIT市場全解剖

週刊ダイヤモンド

不動産投資信託(REIT)市場が急騰している。入門編からボロ銘柄を見分ける応用編まで、REITの全容を徹底解説する。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません