独学力」

第3回】<宗教&哲学> 全ての学問は宗教から生まれた

橋爪大三郎(社会学者)

 宗教は一昔前まで「全て」だった。政治も経済も、法律も道徳も、自然科学も宗教の一部。ヨーロッパでは16世紀までそうだったし、イスラムみたいにいまでもそれに近い社会も多い。

 宗教を突き破り、宗教の軛(くびき)を振りほどくことこそ、近代なのである。でも日本の学校は、宗教を教えない。戦前の反動だ。戦前は国家神道を、「宗教でない」として国民に押し付け、学校で教えていた。戦後、公立学校で宗教に触れることはタブーになった。学校で教えないなら、自分で学ぶしかない。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
独学力」

週刊ダイヤモンド

勉強してキャリアアップに役立てたい。そう思っていても、いざ勉強するとなると、何から始めたらいいか分からないし、忙しくて続けられそうにない──。そんな人におすすめしたいのが「独学」だ。好きなことを、自分のペースで、好きな時間に勉強するこ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません