やる気のない自分を認めてあげよう

仕事がつらい、人間関係に疲れた、上司が嫌だーー自分の声を無視して頑張りすぎていると「やる気」も「気力」もなくなってしまいます。書籍『会社・仕事・人間関係 「もう、何もかもしんどい」と疲れ果てたときに読む本』より、限界になる前に自分を守る方法を紹介します。

「最近、なんだかやる気がないな」
「何をやっても楽しくないし、毎日がつらい」そんな人が増えているように思います。

やる気がなくなると、「一刻も早く元に戻らなければ」という焦りから、ゆっくり休養しようと思うよりも、「どうすれば、元の元気な自分になれるのだろうか」と考え始めます。

そして、なかなかやる気が戻らないと、

「もう、このまま、ダメになってしまうのではないだろうか」と、

いっそう落ち込んでしまうという人もいるに違いありません。

もちろん、そんな否定的な心理状態に陥っているときに、ポジティブな思考が生まれるわけがありません。実際に休んでいたとしても、頭の中で「あれは、どうなったんだろうか。あの仕事は、誰がしているのだろうか」「自分が休んでいることを、人はどう思っているだろうか」「自分の存在なんて、いてもいなくても、人にとってはどうでもいいんだ」などと思っていれば、自暴自棄的な気持ちになってしまうでしょう。

「やる気がない」自分を認めてあげる

この本を手にとった方の中には、

「やる気のない自分なんてダメだ!もっと頑張らねば!」

と思っている方もいると思います。

でも、その考え方があなた自身を追い込んでいたとしたら?

まずは、「やる気のない自分」を認めてあげましょう。

どんなに「今の自分は、本当の自分ではない」と否定したくても、「今」の状態が、自分の本当の姿です。

むしろ、どんなときも自分を否定したり、叱咤激励したり脅したりしながら、頑張り続けて、自分の心をほとんど無視してきたがために、「今」そんな状態になっているのだということを知ってほしいのです。

もともと、私たちは、そんなに「頑張る」必要はありません。

むしろ、必要もないのに「頑張らなければならない」と思い込んでいることが、心を疲れさせてしまっています。

「休みたい」とか「やりたくない」という自分の心を無視して「頑張れ」と言うのは、自分に対して「自分を大事にするな!」「ロボットであれ」と、命令しているようなものです。心が「そんなこと、できるわけがない」と抵抗するのは、当たり前でしょう。それでもやっていける人がいるとしたら、そちらのほうが逆に問題です。

だから、もしあなたが、今「何もかも放棄したい」というほどにやる気がなくなっているとしたら、それは、無意識からの次のようなメッセージかもしれません。

「ねえ、今まで、頑張ってきたのはわかるんだ。よくやってきたと思うよ。でも、そんなに頑張って我慢してやっても、最後には何もやりたくなくなってしまうって、わかったでしょう。だから、これからは、もっとラクに生きることや、自分を大事にする生き方を学ぼうよ」

そう言っているのかもしれません。

やる気が出ないのは、これまで、あなたが自分を大事にしてこなかった結果です。

そうしながら、「もっと、もっと」と自分自身を脅しながら、自分を乱暴に扱ってきた結果です。今の状態は、あなたがあまりにも自分に対してひどい仕打ちをしてきたから、あなたの無意識が、「そうじゃないよ」と主張して、「自分らしく生きようよ」と発信しているのです。

これからは、可能な限り、自分の心の訴えに耳を傾けてあげましょう。「自分自身の心の訴えを優先すること」からはじめましょう。本連載では、そんな自分になるための方法を提供していきたいと思います。


この連載について

会社・仕事・人間関係 「もう、何もかもしんどい…」と疲れ果てたときに読む本

黒川依 /石原加受子

「仕事が嫌だ」「人間関係がきつい」「やる気も失せた」……。しんどい時期は、頑張ろうと思うほど、気持ちも体も動けなくなってしまいます。でも、その「頑張ろう」と思う気持ちが、かえって自分を疲れさせてはいないでしょうか? 累計100万部のベ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Mi33Nummereins 自分の気持ちを大事に! 10代から鬱になった私が言うんだから間違いない。 無料で読めるかな? https://t.co/umCvi6Fxmx 1年以上前 replyretweetfavorite

yokoiwawaki1209 https://t.co/39hmyH3fwR 1年以上前 replyretweetfavorite

o426kayo なんかドンピシャな記事について送られてきたぞ… https://t.co/1EIBnsVT6n 1年以上前 replyretweetfavorite

SBCrBooks 【記事ランキング1位!】 1年以上前 replyretweetfavorite