品川のマイホーム購入でトータル900万円を得した話

家賃のことで頭を悩ませていたはじめさんは、不動産取引についての勉強を始めました。彼の必死の勉強は、やがて自分でも思いもよらないほどの好結果に結びつきます。

今回の話は、最初に言っておくと、少しこみいった話になることをお許しください。

ただ、住宅費を減らしたいとか、住宅購入を考えている人にとっては、間違いなく役にたつ話になると思うので、最後まで読んでみても損はしないと思います。

さて、みなさんが持ってる不動産業者に対するイメージはどんなものでしょうか? ちなみにぼくが抱いていた不動産業者に対するイメージはというと、「常にギラギラ獲物(物件)を探している」、「価格交渉のプロ」、「神経が図太くてがめつい」というものです。不動産業者の方には申し訳ないですが、成績がいい人ほどその傾向が強いのだと勝手に思っています。

その理由は、不動産取引を仕事にしようと思ったら、安く買って高く売るの一言に尽きると思うからです。全ての商売の本質が、安く買いたたき、できるだけ高く売りぬけることだとしたら、不動産の場合は価格が高い分、その差額も莫大なものになります。

不動産取引で利益を得るためには、誰よりもめざとく安い物件を見つけ、交渉してもっと安く手に入れ、少しでも高く売れるように工夫するといった肝力が必要になります。もしも、失敗したら莫大な損失を被ることになりますし、成功すれば莫大な利益を得ることになります。多少、図太い神経がなければ、そんな芸当は無理だと始めから諦めるでしょう。

しかし、上記のイメージに当てはまらない人でも、仕事として成立するということは、成功するメソッドがあるということでもあります。

今回は、ぼくが2015年7月に東京都品川区にマイホームを購入した時の話をしたいと思います。

もともと節約好きな僕が、家賃を払いたくないという理由から不動産投資の方法を必死で勉強して、知識を実践する機会をずっと待っていたのは、先週お伝えした通りです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
33歳で手取り22万円の僕が1億円を貯められた理由

井上はじめ

どちらかというとダメリーマンの筆者がどうやって1億円を貯めたのか? 意識高く自己研鑽に励み、収入アップをめざす方法ではないやり方で、老後も安心な資産形成をめざす! ユニークで誰にでもできる資産形成方法を次々と発見していく筆者は、マメに...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

passion_tanaka 施主支給は明確に決めれる人なら価値は高い。任せたい人はおすすめしないけど。賢い住まいづくり。 2年以上前 replyretweetfavorite

AileenTylor |井上はじめ|33歳で手取り22万円の僕が1億円を貯められた理由 これ、なかなか面白い。真似出来ないけど、やってみたいね^_^ https://t.co/dsk89jl4bY 2年以上前 replyretweetfavorite

moxcha クリエベールじゃなくてクリエペールかな?家オタからすると目新しい話はあんまり無いなあ。 2年以上前 replyretweetfavorite

yhvrose この連載自分ができる気は全然しないけど、読むのは超すき。 2年以上前 replyretweetfavorite