横尾忠則「​三島由紀夫との出会い」

【第5回】1960年代、横尾さんは日本デザインセンターを辞めて、イラストレーターとして活動を開始します。その頃、作家・三島由紀夫と出会うことで、社会との接し方から人間性まで大きな影響を受けたと言います。三島由紀夫との初めての出会いはどういうものだったのか。(聞き手・平野啓一郎)

三島由紀夫との出会い

平野啓一郎(以下、平野) ちょうど名前が出たので、横尾さんに非常に大きな影響を及ぼした三島由紀夫について、少し伺いたいと思います。

横尾さんが三島さんに初めてお会いになったのは、すでに独立されて、イラストレーターとして作品を出されてからのことですね。展覧会の会場で三島さんに会ったということだと思うんですけど。先ほども三島さんのファンだったと仰っていましたが、小説もかなり読んでいたのですか?

横尾忠則(以下、横尾) 僕は神戸で20歳でうちのかみさんと知り合って、同棲したんですね。そのときに彼女が、三島由紀夫の『金閣寺』を図書館から持って帰ってきて、家のなかに置いていたんですよ。

僕はそのとき、「三島由紀夫を読むような女性と結婚生活に入ろうとしているわけか、これはちょっと問題だな」と。僕がなりたかったのは郵便屋さんで、三島由紀夫を必要とする文学的な素養はないし、とにかく「これは困った」と(笑)。だけど、知り合って1週間で一緒に住むようになっちゃったからさ、かみさんのこと何にもわかんないわけですよ。

もしわかる手だてがあるとすれば、その『金閣寺』ですよ。でも、何が何だかさっぱりわからない。

それまで僕は大人の小説をいっさい読んでなくて、江戸川乱歩の少年ものとか、南洋一郎の密林ものしか読んでなかったわけです。とにかく難解で、まったくわからない。漢字だって読めない。「これを読む人と生活できないな」と思った。

ところがあとでわかったんだけど、かみさんは僕と結婚して以来、もう60年も経っているんだけれども、小説を全然読んだことない人なんですよ。あのときは「ええとこ見せよう」と思って持ってきただけで、彼女は『金閣寺』なんか読んでないんですよね(笑)。

でも、僕はあのときに『金閣寺』を読んでいなければ、三島由紀夫に対して関心を持つことはなかったと思う。さっぱりわからなかったけれども、初めて気になった作家だったんです。それで東京へ出てきて、そんなに時間も経たないうちに、道で三島さんにばったり会ったりしてさ。

平野 見かけたということですか?

横尾 ばったりと言ったって、向こうは僕を知らない。僕のほうが三島さんを知っているだけで、「おっ」という感じ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

珠玉のインタヴュー集、かつ良質なブックガイド

この連載について

初回を読む
現代作家アーカイヴ~自身の創作活動を語る

飯田橋文学会

高橋源一郎さん、瀬戸内寂聴さん、谷川俊太郎さん、横尾忠則さん…小説家・詩人・美術家の人たちは何を生み出してきたか? 自身が代表作を3作選び、それらを軸として創作活動の歴史を振り返ります。創作の極意、転機となった出来事、これからの話ーー...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

anony__mous モンロォとエルビスだよネあめりかとジミぃディンと勝新太郎 #短歌 https://t.co/vXtEgdP8KI 横尾様逃げて怖いよ三島だよ高倉健は格好良いネ # 約1年前 replyretweetfavorite

ekahorsedance #横尾忠則 「​#三島由紀夫 との出会い」| 2年以上前 replyretweetfavorite