第8回:お金を長生きさせる方法<ヨコヤマ式投資生活>

「貯金生活」をベースにして、次のステージ「お金を育て、自分を育てる投資生活」にステップアップ!初めての人でも安心な投資を、6月新刊「年収200万円からの投資生活宣言」から先行抜粋してご紹介します。今まで投資をしたことがない人、損が怖くて手を出せなかった人、忙しくて余裕のない人、自分の貯金を目減りさせずに守りたい人、必読です!

貯金がムリなくできるようになったらそのあとは?

「貯金生活が身についたおかげで年収の半分が貯まりました。このまま○○円まで貯金を続けます」
おかげさまで、拙著 「年収200万円からの貯金生活宣言」を読んで、横山式貯金プログラムを実践くださった皆さんたちからうれしいお声を続々といただいています。

実は、ここから道が2つに分かれます。

A「消費・浪費・投資」を実践し、ひたすら貯金に励む
B「消費・浪費・投資」を実践し、貯金に励みながらも「増やす」に踏み込んでみる


「貯金生活を意識して、日々の生活で節約ややりくりをし、きちんと貯金を作り上げている」—ここまでは同じです。

ですが、そのあと選ぶ道次第で保有する金額に大きく差がついてきます。

図版:ムーブ


具体的な例をあげましょう。
山田なつみさんと坂本優子さん。ともに、30代半ばのパート主婦の方です。
家計を上手にやりくりして毎月同じ金額(2万円ずつ)を貯金しています。

山田さんは、毎月の貯金額(2万円)をコツコツと積み重ねています。
1年たてば、「月2万円×12か月=24万円」になりますね。同じく、5年続ければ120万円、10年で240万円です。
当然ながら、貯めた金額以上でも以下でもありません。
もしもっとたくさん貯金がほしい、ということであれば、毎月の貯金額を増やすほかありません。
必然的に、毎日の生活が節約中心の考え方、つまり「どこかもっと減らせるところはないか」とストイックになってきます。

一方、坂本さんも毎月の積み重ね(2万円ずつ)がベースで、山田さんと同じです。
ですが、実は、この2万円を投資に回していたのです。
投資は初めてなので、運用利回りが低い(3パーセント)代わりにリスクが低いインデックスファンド(後で説明しますね)に絞りました。
利回りが低いため、1年や2年といった短期では「おお、こんなに増えた!」というような成果は上がりません。

ですが、2万円ずつ貯金・投資しつづけて5年がたつと、どうでしょう?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
年収200万円からの<貯金>生活&<投資>生活宣言!

横山光昭

家計が毎月赤字でも収入が少なくても、お金は必ず貯められます!NHKあさイチでも紹介されて話題沸騰の家計再生コンサルタント横山光昭さんの新連載。90日貯金プログラムや「ショー(消費)・ロー(浪費)・トー(投資)」による使い方など一生モノ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

discover21 コツコツ続ければ大きな差!10~20年後の人生をみすえて今こそスタート!横山光昭 @chokin_myfp さん 年収200万円からの貯金&投資生活宣言! 6月新刊内容をここでだけ公開!@cakes_PR 5年以上前 replyretweetfavorite