​日本人男性が世界のスタンダードになれるか

欧米のエグゼクティブは体を鍛えるのが基本!なんて言葉がビジネス誌やフィットネス誌に踊るのをよく見かけますが、確かに日本人男性は比較的ひょろっとした体型なのかもしれません。マッチョな男の方が当然モテると思われがちですが、本当にそうでしょうか。マッチョじゃなくてもモテる男の見本として日本人を考えます。

外国人男性は体を鍛えている

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

最近、「海外から日本に戻ってくると感じること」みたいな文章を見かけたのですが、その中に「日本人男性はみんなひょろひょろしている」とか「日本人男性は背中が曲がっている」とか「日本人男性は覇気がない」というようなことが書いてありました。

日本人と欧米人では骨格から違うのに、こういうことを言う人、よくいますよね。でも僕、一時期日本在住のブラジル人コミュニティに出入りしていたのですが、確かに日系ブラジル人男性もみんな胸板が厚いんです。みんな身体をすごく鍛えていました。あと、最近日系アメリカ人ともよく接するのですが、彼らもみんな日系ブラジル人同様に胸板が厚いし、態度がすごく堂々としているんです。

そういう世界から日本に戻ってきて、日本人男性を眺めると、「日本の男ってひょろひょろなよなよしているなあ。なんか男らしくないなあ」って感じてしまうのでしょう。まあ草食系男子という言葉があるくらいだし、日本人男性でそういう「獣っぽくない、ギラギラしていない、堂々としていない、おとなしそうな雰囲気の人」って、普通のことだと思います。

というかもう、ほとんどがそういう男性なんです。あなたの職場や友達もほとんどがそういう「ギラギラしていない男性」じゃないですか。もうこれって日本のスタンダードっていってもいいくらい、一般的な日本人男性像ですよね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu 日本人男性が世界のスタンダードになれるか https://t.co/oZA6ZlT1Mu #スマートニュース 12ヶ月前 replyretweetfavorite

nishiaratter だとしたら最高です〜。 日本人男性が世界のスタンダードになれるか|林伸次 @bar_bossa | 12ヶ月前 replyretweetfavorite

t_take_uchi 日本人男性が世界のスタンダードになれるか|林伸次 @bar_bossa | 12ヶ月前 replyretweetfavorite

restart20141201 日本人男性が世界のスタンダードになれるか|林伸次 @bar_bossa | 12ヶ月前 replyretweetfavorite