日本の男女のバカ格差

バブル時代の日本では「日本人は平等」と信じられていました。ところが90年代を境に日本にも様々な格差が存在することが目に見えるようになりました。国際経験豊富な元国連専門期間職員の @May_Roma (めいろま)さんは、新作書籍「バカ格差」で日本人を苦しめる格差について分析します。

日本における仕事のバカ格差として忘れてはならないのが、男女で賃金格差や仕事内容の差があるということです。

 厚生労働省の2016年の調査によると、フルタイムで働く女性の平均賃金は月額24万4600円で、男性の賃金の73%でした。

 男女格差はこの20年で10ポイント縮まってはいるのですが、他の先進国に比べると依然として大きな差がついています。

▼男女格差が世界ワースト3

 経済協力開発機構(OECD)の2014年の調査では、日本の男女格差は加盟国の中で韓国、エストニアに次いで3番目に大きくなっています。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
世界のどこでも生きられる

May_Roma

海外居住経験、職業経験をもとに、舌鋒鋭いツイートを飛ばしまくっているネット界のご意見番・May_Romaさん。ときに厳しい言葉遣いになりながらも彼女が語るのは、狭い日本にとじこもっているひとびとに対する応援エールばかり。日本でしか生き...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

May_Roma @May_Roma https://t.co/dhVpokZAzW 9ヶ月前 replyretweetfavorite

RieDorji う~ん、分かる気がするわ。経営者にとって都合の良い社会になっているのね。RT  9ヶ月前 replyretweetfavorite

sennomiya 【働く】 「経済協力開発機構(OECD)の2014年の調査では、日本の男女格差は加盟国の中で韓国、エストニアに次いで3番目に大きくなっています。」 |世界のどこでも生きられる|May_Roma|cakes https://t.co/Pxr5kG7F2g 9ヶ月前 replyretweetfavorite

halophilia #スマートニュース 9ヶ月前 replyretweetfavorite