出世のバカ格差

バブル時代の日本では「日本人は平等」と信じられていました。ところが90年代を境に日本にも様々な格差が存在することが目に見えるようになりました。国際経験豊富な元国連専門期間職員の @May_Roma (めいろま)さんは、新作書籍「バカ格差」で日本人を苦しめる格差について分析します。

 日本のサラリーマンを苦しめるバカ格差のもう代表格は「出世のバカ格差」です。

 日本のサラリーマンと話すと面白いなと思うのが、その会話の大半が出世競争に関する内容であることです。

「あの部署の〇〇さんが出世した」「隣の部署の〇〇さんが取締役とゴルフにいった」「同期の〇〇さんが部長になった」「〇〇支社の〇〇さんが今度新しいプロジェクトに投入されるようだ」といったことを酒の席で延々と話しています。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
世界のどこでも生きられる

May_Roma

海外居住経験、職業経験をもとに、舌鋒鋭いツイートを飛ばしまくっているネット界のご意見番・May_Romaさん。ときに厳しい言葉遣いになりながらも彼女が語るのは、狭い日本にとじこもっているひとびとに対する応援エールばかり。日本でしか生き...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

nagasek3 これも文化 あれも文化 たぶん文化 きっと文化 ホントかなぁ…(・_・; https://t.co/VnnYItCzua 7ヶ月前 replyretweetfavorite

nexhnatrop 肩書きとやってることが一致しない、はインドでもよくある。私はそれを心の中で”肩書きのインフレ”と密かに呼んでいる。 7ヶ月前 replyretweetfavorite

RieDorji 会社に多くの時間を費やすからそこにしか目が自然といかなくなるんだよね。 7ヶ月前 replyretweetfavorite

case313 偉い人と付き合うメリットは、病院教えてくれるとか、美味しいご飯屋さんの会員にしてくれるとかなだけ。… https://t.co/qafR16Zefk 7ヶ月前 replyretweetfavorite