柳井政和「レトロゲームファクトリー」

柳井政和「レトロゲームファクトリー」第2回

大手ゲーム会社グリムギルドから契約破棄され、プログラマーの白野高義はただ途方に暮れていた。そんな彼の前に現れたのは、見知らぬ強面の男――。電子書籍文芸誌「yom yom」に掲載中の人気連載を出張公開。


※こちらの画像はTwitterなどに転載自由です。その際は、以下の一文を入れてください。
「レトロゲームファクトリー(新潮社/柳井政和)」


 冷気が白野の心身を癒やしてくれる。灰江田はアイスコーヒーを頼み、白野のためにサンドイッチセットを注文してくれた。俺のおごりだ、遠慮せず食べろと言われ、人の情けが身に染みた。灰江田は三十六歳。大学卒業とともに企画職としてグリムギルドに入り、六年間企画とディレクションをしていたそうだ。その後会社を辞めて、いまは灰江田一人しかいない、零細下請け会社の社長をしているらしい。
 白野はサンドイッチを口に詰め込み、空腹を満たしたあと、事情を灰江田に説明した。
「なるほど、橘の奴か。あのヘビ野郎が、おまえを騙しやがったのか」
 灰江田は腹立たしげに言ったあと、白野に顔を近づけた。
「あいつは俺の同期だった奴だ。だから性格は熟知している。大丈夫だ。知恵を授けてやるよ。あいつをへこまして、おまえが金をぶんどれるようにな」
 本当に大丈夫なのだろうか。ここまで親身になってくれるのは、なぜなのだろうか。不安を抱えたまま、白野は灰江田の話を聞く。そして言われたとおりに、偽の会社名と名前を使い、居留守で逃げ続けている橘に電話をかけた。
「なんだ、きみかね」
 橘の不快そうな声が耳に響く。白野は勇気を振り絞り、灰江田に教わったとおりに、まくし立てる。    
 もし金を払わないなら、NDAを無視して仕事のために渡されたデータを、すべてネットにアップロードする。グリムギルドが契約を結ばずにただ働きさせたことも全部暴露する。訴えたければ訴えればいい。こちらは今月の家賃にも事欠いている。自爆する気満々だ。道連れに橘の名前も出して徹底的に批判してやる。グリムギルドのあらゆる部署に、その公開した情報を送りつけてやる──。

 灰江田の話では、橘は自分のキャリアに傷がつくことを極端に嫌がるらしい。ネットで大炎上が起きて、それが社内に知れ渡ることは橘の望むところではない。自爆覚悟で来る相手には、ことを荒立てないために渋々金を払うはずだ。
 そのアドバイスはどんぴしゃだった。橘は白野に、魔女の呪いもかくやという嫌みを言い、金の支払いを手配すると約束した。
 通話が終わったあと、重い荷物を運び終えたように大きく息を吐く。校内マラソンを全力疾走したときよりも疲労を感じた。目の前の灰江田は、アイスコーヒーを一口飲んでから、テーブルに体重をかけて白野に顔を寄せてきた。
「いいか、グリムギルドは支払いが遅い。俺なんかは三ヶ月も待たされた。毎日、まだか、まだかとしつこく電話をしろ。公開されているあらゆる部署の電話番号に、橘が約束した金を入れてくれないと連絡するんだ。
 その電話は、橘のマイナス評価に繋がる。橘が下請けを上手くあしらえていないという証拠になるからだ。橘は、その行為をやめさせるために迅速に行動するはずだ」
 灰江田は、小さな雛(ひな)を世話するように、どういう文句で電話すればよいか具体的に教えてくれる。白野は灰江田の言葉を必死にメモする。それとともに、この男が本質的に人の面倒を見るのが好きなのだと悟った。
「ありがとうございます」
 白野は心の底から感謝する。東京で地縁もなく知り合いもなく、一人で暮らしている。親に反発して家を出たため、両親の支援は仰げない。親不孝者。根無し草。そんな自分が、こんなところで見ず知らずの他人に助けられるとは思っていなかった。
「なに、気にするな。橘の野郎には個人的な恨みがある。それに困っている奴は放っておけねえしな」
 灰江田は豪快に笑った。
「まあ、グリムギルドには今後近づかない方がいいぜ。あと、もし橘が動かなかった場合は連絡をくれ。協力する」  
 灰江田は白野に名刺をくれた。レトロゲームファクトリーという会社名が書いてある。所在地は横浜。代表取締役は灰江田直樹(なおき)。白野は、その会社の名前に惹かれた。レトロゲーム──それは白野が愛してやまないものだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

2018年4月号はエブリスタ「20,000字小説コンテスト」結果発表、俳優・植田圭輔インタビューほか。あらゆるエンタメを自由に楽しむ電子の文芸誌、毎奇数月第3金曜に配信!

yom yom vol.49(2018年4月号)[雑誌]

宮木あや子,垣谷美雨,鴻巣友季子,植田圭輔,門井慶喜,青柳碧人,梶尾真治,三上延,中山七里,中江有里,武田綾乃,瀧羽麻子,町田そのこ,最果タヒ,堀内公太郎,柳井政和,柏井壽,ふみふみこ,新納翔,トミヤマユキコ,カレー沢薫,文月悠光,新井久幸
新潮社
2018-03-16

この連載について

初回を読む
柳井政和「レトロゲームファクトリー」

柳井政和 /新潮社yom yom編集部

失踪した伝説的ゲームクリエイターの謎を追え――。 『裏切りのプログラム ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬』で小説家デビューを果たした プログラマー・ゲーム開発者が贈る、本格ゲーム業界小説! 電子書籍文芸誌「yom yom」に...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ruten 小説『レトロゲームファクトリー』のcakes連載第3回が金曜日に公開されました。ゲーム好きの人も小説好きの人も是非。 https://t.co/7RL7caqkZQ #cakes #小説 #ゲーム #レトロゲーム https://t.co/a6yVntDu6D 12ヶ月前 replyretweetfavorite

ruten 小説『レトロゲームファクトリー』のcakes連載第2回が金曜日に公開されました。ゲーム好きの人も小説好きの人も是非。第1回も読めます。 https://t.co/7RL7caqkZQ #cakes #小説 #ゲーム #レトロゲーム https://t.co/flOlxNs09y 12ヶ月前 replyretweetfavorite

ruten 小説『レトロゲームファクトリー』のcakes連載第2回掲載。ゲーム好きの人も小説好きの人も是非。おまけマンガ付きです。 https://t.co/7RL7caqkZQ #cakes #小説 #ゲーム #レトロゲーム https://t.co/vThav5jcyz 12ヶ月前 replyretweetfavorite