自分の能力と夢をリンクさせる

日々の生活習慣こそが若さを保つ秘訣! 生活習慣を通じて、疲れを癒やして、自分自身をリフレッシュさせるノウハウがあれば、その人は常に生き生きとした表情で周りに接することができます。 心に精通する心理カウンセラー・植西聰さんが初めて綴る「いつまでも若々しく生きる!小さな習慣」を長期特別掲載します。

自分の能力と夢をリンクさせる

 得意なことや能力が生かせる仕事に就くと、精神年齢も若返る。

 歌うことが嫌いな人がプロの歌手を志したとしても、大成はしないでしょう。
  数字とにらめっこをするのが嫌いな人が税理士になろうと決意しても、何年経っても資格を取るのは難しいかもしれません。
 逆に、歌うことが好きな人がプロの歌手を目指せば、大成する可能性は大です。
 数字が得意な人が税理士を目指せば、比較的短期間で資格が取れるでしょう。
 夢といっても、人それぞれです。
 大切なのは、後者のように、自分の好きなことが生かせるものとリンクさせることだと思います。
 自分が好きなことが生かせるものを夢とリンクさせれば、技術やノウハウの習得が早くなります。
 はた目から見て大変そうに思えることであっても、当人からすれば、それほど大変には感じません。
 ですから、努力や辛抱もそれほど、苦ではなくなり、ストレスもそれほどたまりません。
さらに、向上心や探求心が湧いてきて、仕事に創意工夫をこらすことができます。
 そうしたプラスの相乗効果によって、夢もかないやすくなるのです。
 そして、これがもっとも重要なことですが、プラスの相乗効果によって心がポジティブになれば、頭脳が活性化するため、精神年齢が若々しくなります。
 心と肉体は密接な関係があるため、若返りのホルモンも多く分泌されるようになり、見た目や雰囲気も若々しくなります。
 つまり、心がポジティブな人はいつまでも若々しく生きられるようになるのです。

日頃から〝かなえグセ〟をつけておく

 自信がつくと、心身が活性化し、気力・体力ともに若返る。

 学年ビリの女子高校生がたったの一年で偏差値を大幅に上げて慶應義塾大学に現役合格する話をまとめた本がベストセラーになりました。
 映画化もされたので、ご存知の人も多いと思います。
 その女子高生は高校二年のとき、小学生レベルの学力しかありませんでした。
 そこで塾の講師は、まず小学校高学年の勉強から始めるように指導しました。
 それがクリアできたら中学一年生、それがクリアできたら中学二年生……といったようにクリア体験をすることで、女子高生に自信をつけさせていったのです。
 この話は、夢をかなえるうえでも参考になると思います。
 夢があまりにも壮大だと、やるべきことがたくさんありすぎて、気が滅入ってしまうことがあります。
 そういうときは、ちょっと頑張れば比較的簡単に達成できそうな等身大の願望からチャレンジして、〝かなえグセ〟をつけてみるといいと思います。
 料理がいい例です。今まで卵料理を作ったことのない人が、いきなりオムレツを作ろうとしても無理があります。
 そういう人はまずゆで卵を作ることからはじめ、それがクリアできたら目玉焼きを作る……といったように、少しずつレベルを上げていきます。
 そうすれば、クリアするたびに達成感を味わうことができるため、自信がどんどんついていき、いつしかオムレツが作れるようになります。
 しかも、自信がつけば、心身が活性化するため、チャレンジ精神も旺盛になります。
 
何事も勇気をもって挑めるようになります。
 そうなれば、気力・体力ともに若返るようになるでしょう。

一歩前進するたびに若返る
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

全文が気になる方はこちらー著者累計460万部のベストセラー・カウンセラーが初めて語る、"若々しく生きるための習慣"本の決定版。

この連載について

初回を読む
いつまでも若々しく生きる!小さな習慣

植西聰

日々の生活習慣こそが若さを保つ秘訣! 生活習慣を通じて、疲れを癒やして、自分自身をリフレッシュさせるノウハウがあれば、その人は常に生き生きとした表情で周りに接することができます。 心に精通する心理カウンセラー・植西聰さんが初めて綴る「...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません