必ず二人が恋に落ちる36の質問【レベル1】

「時間が無いから」「仕事が忙しいから」「独りが楽だから」ーーでも本当は恋をしたい! そんなキャリア女子たちに読んで欲しい。そしてその心理を男性にも知ってもらいたい。「恋愛とメンタリズム」をテーマに、今もっとも人の心に精通している、メンタリストDaiGoさんが贈る『ゼロから幸せをつかむ オトナの恋愛処方箋』の内容を、長期特別連載いたします。

36の質問の使い方と解説

※質問については「必ず二人が恋に落ちる36の質問」参照

 まず、レベル1の12の質問の使い方を紹介します。「もっと親しくなりたい」「友達から一歩進んだ関係になりたい」「すでに付き合っているけれど、相手との関係をさらに深めたい」「プロポーズされたい!」という間柄の相手との会話に取り入れてみてください。答えに「正解」はありません。答えに対してあなたが反応したり、「どうしてそう思うの?」「私はこう思うな」といった「対話」を大切にしましょう。

【レベル1】

 Q1 世界の誰でも好きな人をディナーに呼べるなら誰を呼びたい?
 なぜ、その人と食事をしたいのか、必ず理由も聞いてください。ビル・ゲイツでもマドンナでもいいのですが、「どんな話をしたい?」「どんな料理が好きそうかな?」などと会話を発展させましょう。

Q2 あなたは有名になりたいと思う?
 「有名人になったら、かえって大変そう」「でも知る人ぞ知るという有名人ならなりたいな」など、いろいろな答えがあるでしょう。けれどその答えの中から、その人が社会的にどんな評価を求めているのか、現在どう感じているのかといったことも理解することができます。

 Q3 電話をかける前に何を話すかリハーサルすることってある?
 リハーサルする人は計画性、勤勉性が高く、そのぶん臨機応変であることを求められると少し苦手で融通がきかないタイプかもしれません。

 Q4 あなたにとって「パーフェクトな1日」とはどんな日ですか?
 この質問をすると、相手のパーソナリティーがかなりくわしくわかります。たとえば僕が理想とする1日は「誰からも電話がかかってこなくて、メールを見る必要もなく、朝ジムで運動し、その後は本を読み、午後は掃除をしてから、新しいメニューにチャレンジして料理を作り、ワインを飲んでゆっくり過ごす」という感じです。ここからわかる僕の性格は、「内向的で協調性は低そうだが、計画性はある。ジムに行く程度の開放性はあり、知的好奇心やチャレンジ精神は旺盛」といった感じです。

 Q5 最後にカラオケに行ったのはいつですか?
 「何を歌ったのか」「なぜその曲を選んだか」「どんな思い出があるのか」など会話を発展させてください。相手の音楽の趣味以上のことが読み取れます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

続き・全文を見たい方はこちら!恋をしたい全てのキャリア女子に贈る、メンタリストDaiGo渾身の1冊!

この連載について

初回を読む
ゼロから幸せをつかむ オトナの恋愛処方箋

DaiGo

恋を忘れかけていませんか? 「時間が無いから」「仕事が忙しいから」「独りが楽だから」ーーでも本当は恋をしたい! そんなキャリア女子たちに読んで欲しい。そしてその心理を男性にも知ってもらいたい。「恋愛とメンタリズム」をテーマに、今もっと...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません