家でくつろぐ場所がダニやカビの温床に!【リビング&寝室】の掃除術

家で過ごす時間がもっとも長い、リビングと寝室。ところが電化製品の静電気が呼び寄せるホコリの中、そして椅子やカーペットの繊維の中にはダニやカビが繫殖しているといいます。病気と掃除のプロ・松本忠男さんの著書『健康になりたければ家の掃除を変えなさい』より、100円ショップで買えるスクイージーやフローリングワイパー、マイクロファイバークロスを使って、効率よくダニ・カビを取り去る掃除術を教えてもらいました。

リビングと寝室の感染予防掃除術

◇感染リスク ★

◇潜んでいる病原体
ダニ、ダニの死骸・フン、アスペルギルス

◇引き起こされる病気、症状
気管支喘息(咳、喘鳴、呼吸困難など)、アレルギー性気管支肺アスペルギルス症(咳、喘鳴、たんなど)

リビングと寝室の中でも病気のリスクが高い箇所は、ダニが発生しやすい椅子やカーペットホコリを溜めやすい寝具やベッド下湿気でカビや雑菌が繁殖しやすい畳やカーペット、加湿器などが挙げられます。感染症の流行時期には、壁面の照明スイッチや家電のリモコンなどの小物も危険です。

まず、リビングから見ていきましょう。

①リビング

カーペットのお掃除は、大変難しい問題です。カーペットの中は、湿気とホコリとカビ、ダニが溜まりやすい場所であり、さらに輪をかけてこれらが繁殖しやすいのが、床暖房とカーペットの組み合わせです。何とかきれいにしたいところですが、通常の掃除機ではヘッドを押しつけて動かすため、表面のゴミしか吸うことができません。粘着テープでゴミを取るカーペットクリーナーでも同様です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
健康になりたければ家の掃除を変えなさい

松本忠男

アレルギー、感染症……その不調、間違った掃除が原因です!!◎もっともインフルエンザに感染しやすい部屋は「寝室」◎「トイレのホコリ」の中で、菌は約10倍繁殖する◎「花粉」の季節に玄関をホウキで掃くのはNG◎間違った方法で風呂場を掃除する...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 2年以上前 replyretweetfavorite