自己実現で有名なマズローはあんな三角形を描いてはいません

古典とは、「誰もが知っているけれども誰もが読んだことのない本のこと」と松井教授は言います。今回は、もはやビジネスの古典であるマズローの理論について、よくある誤解を指摘しながら解説していきます。「自己実現」という言葉は、中途半端に使うと大変危ういことばのようです……

ビジネスの世界では、○○理論と呼ばれるものがたくさんあります。一番有名なのは、おそらくマズローの欲求階層理論だと思います。どんな理論なのか、かんたんに復習しましょう。

欲求は5つのレベルに分かれます。もっとも基礎的な欲求は生理的な欲求です。水とか睡眠など、生きるために不可欠なものに対する欲求です。次は、安全に対する欲求です。命が危険にさらされないことへの欲求です。第3の欲求は、所属に対する欲求です。友情とか仲間意識というもの対する欲求です。第4の欲求は、自我に対する欲求です。何かを達成したいとか、このような地位に就きたいといった欲求です。第5の欲求が、よく知られた自己実現に対する欲求です。

この理論によれば、人間は低次の欲求を満たすとより高次の欲求を満たしたくなるそうです。逆に言えば、低次の欲求が満たされていなければ、より高次の欲求は満たしたいと思わないということです。実感としても確かにそうだと思います。「衣食足りて礼節を知る」というように、衣食への欲求が満たされていと、礼節などどうでも良くなります。こうした実感にもフィットした議論がゆえに、マズローの欲求階層理論は、よく知られているようです。

しかし、この理論は研究者からは長らく批判され続けてきました。それだけでなく、マズローの議論そのものへの誤解というものもあります。このあたりを、今回、整理しましょう。それぞれ2つずつあります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

博報堂ケトル・嶋浩一郎さんとの共著もおすすめです!

この連載について

初回を読む
今さら聞けないマーケティングの基本の話

松井剛

何気なく使っているマーケティング用語。そのことばの裏には、あなたのビジネス、さらには世の中の見方を変える新たな視点が隠れています。一橋大学経営管理研究科・松井教授が、キーワードをゆったりと、しかし的確に解説するこの連載。他人の成功体験...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ettyGX 「マズローの五段階欲求は、確認の明晰さしか与えてくれず、理論ではなく神話」っていうの、なるほどねという感じ。ホント気持ち悪い使われ方してるしなあ。 https://t.co/tBS7PuVhE2 1年以上前 replyretweetfavorite

marekingu #スマートニュース 2年以上前 replyretweetfavorite

ransel_boy 「古典とは、誰もが知っているけれども誰もが読んだことがない本のことを指します。」😂😂😂 2年以上前 replyretweetfavorite

yanok 「マズローと言えば誰もが思い浮かぶ三角形の図は描いていません。文章を連ねるのが好きな人なので、図など描かないのです」(!!) 2年以上前 replyretweetfavorite