心のベストテン

アメリカの正義をアップデートした『ブラックパンサー』

世界中で大ヒットし、興行収入10億ドルを記録している映画『ブラックパンサー』。その凄みを語りながら、エンターテイメントの可能性を語ります。
芸人、DJとして活躍されているダイノジ・大谷ノブ彦さんと、音楽ジャーナリストの柴那典さんの響きあうナビゲーションをお楽しみください。
なお、本日3/21 26:15より、フジテレビにて、「心のベストテン」特別版がオンエア! 併せてお楽しみください。

世の中から弾かれた側の人たちが主役になる時代

大谷ノブ彦(以下、大谷) 柴さん、今日は『ブラックパンサー』の話がしたい! 最高だった! イエーイ!

柴那典(以下、柴) すごかったですね。興行収入も10億ドル突破と、世界中で記録的なヒットになってますね。

大谷 いや、アメリカでは著名人がこぞって、ブラックパンサーを絶賛しているけど、ムーブメントになるのもわかる。

 というと?

大谷 『ブラックパンサー』って、すごく象徴的な作品だと思うんですよ。主人公もヒロインも敵役もほぼすべて黒人、いやアフリカ系アメリカ人の人たちが出ているヒーロー映画で、これだけヒットした作品なんて今までなかった。つまり、白人のイケメンとか美女が主演じゃなくても受けるんだってことを証明したわけで。

 監督もアフリカ系アメリカ人ですもんね。女性も活躍してるし。

大谷 『ブラックパンサー』も、今年のアカデミー賞で評価された作品も、みんな主人公がマイノリティの側なんですよね。
『グレイテスト・ショーマン』もそう。これちょっと見てほしいんですけど、映画製作前のワークショップのときに、主題歌の「ディス・イズ・ミー」をみんなで歌う場面が鳥肌モノで。

 うわあ、これはグッとくるなあ。

大谷 後半(3:50)で、感極まった女性の手を、ヒュー・ジャックマンが握るところがたまんなくて。
 彼女は劇中でヒゲを生やした女性を演じてるんですけれど、これって実在したサーカス団をモデルにした話なんですよ。そこにいろんなマイノリティの人が出てくるんだけど、よくあるお涙頂戴のストーリーじゃなくて。

 全然違いますよね。

大谷 ショービジネスを舞台に、人間の多様な生き様が展開されていて。
 アカデミーの本丸の作品賞をとった『シェイプ・オブ・ウォーター』だって、言ってしまえば半魚人の恋の物語。で、ヒロインの隣のアパートに住んでるのはゲイの老人で、職場の仲間は低所得の黒人。つまり世の中から弾かれた側の人たちが物語を進めていくんですね。

 『君の名前で僕を呼んで』もバイセクシュアルの少年同士の話ですしね。

今の時代の新しい正義のあり方

大谷 これってやっぱりトランプ政権以降の動きじゃないかなって。社会の分断にカルチャーが抵抗するという。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
心のベストテン

大谷ノブ彦 /柴那典

「音楽についてパァッと明るく語りたい! なぜなら、いい音楽であふれているから!」。ハートのランキングを急上昇しているナンバーについて、熱く語らう音楽放談が始まりました。 DJは、音楽を愛し音楽に救われてきた芸人、ダイノジ・大谷ノブ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 約1年前 replyretweetfavorite

nijuusannmiri 「やっぱりエンタメって、主義とか正しさを前面に出しすぎると大衆に届かないですもんね。別にそんなことを意識させなくても、おもしろければ観るんだから」 約1年前 replyretweetfavorite

shiba710 対談連載「 約1年前 replyretweetfavorite