読みたい人、書きたい人のミステリ超入門

第7回 意外な犯人は、「意外」じゃない(1)

読んだ印象通り、明らかに怪しい人物が犯人だとしたら、ミステリは面白くも何ともない。一見そう思えない人、犯人から一番遠そうな人が犯人だから面白いのだ。
電子書籍文芸誌「yom yom」に掲載中の人気連載を出張公開。

 もう随分と前の話になるが、単行本の部署に異動してすぐ、密室をテーマにしたミステリのアンソロジーを担当する機会があった。初めて担当するミステリだったから、張り切って内容紹介のリードやオビのコピーを考えたのだが、その中で「意外な犯人」というフレーズを使ったら、当時の上司に「なんだこのコピーは」と怒られた。曰く、
「ミステリなんだから、犯人が意外なのは当たり前だ。そんな当たり前のことじゃなく、もっと別のことを書け」
 なるほどなあ、と思った。
 そうなのである。読んだ印象通り、明らかに怪しい人物が犯人だとしたら、ミステリは面白くも何ともない。一見そう思えない人、犯人から一番遠そうな人が犯人だから面白いのだ。
 だが、それで綺麗に騙されてくれるのは、ミステリを読み始めた初心者か、犯人を当ててやろう等とは微塵も考えない有り難い人で、多少なりともミステリを読みつけてきた読者は、明らかに怪しい人間が出てくると、「こんなに怪しげに書いてあるってことは、きっとこいつは犯人じゃないな」と裏を読んでくるだろう。そして場合によっては、「一番犯人っぽくない、こいつが犯人かな」と当たりを付けるかもしれない。そしてその予想は、結構当たってしまうことも多い。
 もっとも、そこに至る手掛かりや論理の過程が重要なのであって、当てずっぽうで名前だけ当てられたところで、こちらは痛くも痒くもないのだけれど、でもやはり、ちょっとは悔しい。いや、悔しいというよりも、寂しいと言った方が近いかもしれない。 「犯人を当てる」だけがミステリの楽しみではないと思って作家は小説を書いているだろうし、編集者もそう思って本を作っている。とはいえ、ミステリを読むモチベーションの一つとして、「誰が犯人なのか?」という興味は、とても大きいものだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

2018年6月号は連続特集「『ポケモン』から20年と未来の日本ゲーム」、俳優・藤原祐規さんインタビュー、恒川光太郎さんと伊藤朱里さんの特別短編など。あらゆるエンタメを自由に楽しむ電子の文芸誌、毎奇数月第3金曜に配信!

yom yom vol.50(2018年6月号)[雑誌]

米光一成,さやわか,吉野万理子,恒川光太郎,伊藤朱里,藤原祐規,千早茜,尾崎世界観,三上延,中江有里,柳井政和,柏井壽,最果タヒ,宮木あや子,武田綾乃,町田そのこ,瀧羽麻子,門井慶喜,中山七里,東川篤哉,堀内公太郎,垣谷美雨,ふみふみこ,鴻巣友季子,新納翔,砂田麻美,カレー沢薫,こだま,新井久幸
新潮社
2018-05-18

この連載について

初回を読む
読みたい人、書きたい人のミステリ超入門

新潮社yom yom編集部 /新井久幸

ミステリ作家志望者、必読! 「新潮ミステリー倶楽部賞」「ホラーサスペンス大賞」「新潮ミステリー大賞」など、新潮社で数々の新人賞の選考に携わってきたベテラン編集長が考えるミステリの読み方・書き方の<お約束>とは――。電子書籍文芸誌「...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Da5HpK5yoSz4CH9 なるほど、面白いなぁ https://t.co/rY458WlzG1 1年以上前 replyretweetfavorite

showgo https://t.co/HbPeCKgdAs 1年以上前 replyretweetfavorite