読みたい人、書きたい人のミステリ超入門

第6回 フェアとアンフェアの間(2)

あなたの周りで、ミステリファンが「フェア」だ「アンフェア」だと盛り上がっているのを耳にしたことはないだろうか。ミステリも、スポーツと同じで正々堂々勝負すること、つまりフェアプレイが重んじられる。
電子書籍文芸誌「yom yom」に掲載中の人気連載を出張公開。

 ネタが複雑で大仕掛けであればある程、書き手も編集者も、「フェア」と「アンフェア」に注意を払っている。明らかにアンフェアな記述があったら、「なんだよ、だったら何でもアリじゃん」と思われて終わってしまうからだ。極端なことを言えば、九十九箇所の伏線がフェアでも、一箇所アンフェアな記述があるだけで、全体の信頼度が下がるし、「フェア」ではないと思われてしまう。
 そのくらいの危機管理意識を持って、プロの作家と編集者は原稿のチェックをしているのだ。
 だから、読み終わったとき、「やられた」と驚いたにしても、「卑怯だ」と憤ったにしても、いや、そういうときこそ、すべてを分かった状態で頭から作品を読み返してみて欲しいのだ。
 いかに細心の注意を払い、嘘にならない程度に、誤解を招く書き方をしているかが分かるはずだ。文字通り、一語一句おろそかにはされていない。
長江俊和の『出版禁止』は、このあたりのフェアとアンフェアのギリギリの狭間を突き詰めようと、何度も細かく打ち合わせを重ねた作品だ。既読の方も、「そういう目」で再読してみると、色々と発見があるのではないかと思う。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

2018年6月号は連続特集「『ポケモン』から20年と未来の日本ゲーム」、俳優・藤原祐規さんインタビュー、恒川光太郎さんと伊藤朱里さんの特別短編など。あらゆるエンタメを自由に楽しむ電子の文芸誌、毎奇数月第3金曜に配信!

yom yom vol.50(2018年6月号)[雑誌]

米光一成,さやわか,吉野万理子,恒川光太郎,伊藤朱里,藤原祐規,千早茜,尾崎世界観,三上延,中江有里,柳井政和,柏井壽,最果タヒ,宮木あや子,武田綾乃,町田そのこ,瀧羽麻子,門井慶喜,中山七里,東川篤哉,堀内公太郎,垣谷美雨,ふみふみこ,鴻巣友季子,新納翔,砂田麻美,カレー沢薫,こだま,新井久幸
新潮社
2018-05-18

この連載について

初回を読む
読みたい人、書きたい人のミステリ超入門

新潮社yom yom編集部 /新井久幸

ミステリ作家志望者、必読! 「新潮ミステリー倶楽部賞」「ホラーサスペンス大賞」「新潮ミステリー大賞」など、新潮社で数々の新人賞の選考に携わってきたベテラン編集長が考えるミステリの読み方・書き方の<お約束>とは――。電子書籍文芸誌「...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません