さっくり歯ごたえが実現!「2ステップとんかつ」

「揚げ物はつくるのに手間がかかるし、油も飛び散るから、あと片づけが面倒!」という人も多いですが、家でつくった揚げたての揚げ物は格別のおいしさ。一度つくりたてのとんかつのおいしさを味わってしまうと、また、つくりたくなるのが人というもの。『肉の本 今夜は、お肉を食べよう。』の著者で自他ともに認めるお肉好きな料理研究家・行正り香がさくさくの歯ごたえの「とんかつ」レシピをご紹介します。

厚切り肉でつくるとんかつは、さくっとジューシー!

とんかつは、お肉にパン粉の衣をつけて油で揚げるだけのシンプルな料理です。だからこそ、ちょっとしたことで差が出やすいのでご注意を!

まず、お肉は厚切りのものを買い求めましょう。できれば1.5㎝くらいの厚さが理想です。薄いお肉を使うよりも、肉のうま味を味わえるジューシーな仕上がりになります。ただし、冷蔵庫から出してすぐに加熱するのではなく、少し前に出しておいて室温に戻すことを忘れずに!

次に、衣は天ぷら粉+生パン粉を使用すると2ステップで簡単!天ぷら粉にはコーンスターチやベーキングパウダーが入っているので、さくっと揚がって軽い口当たりになります。

油は一度温めたら弱火にし、低温でじっくり火を入れると、お肉のうま味が引き出され、やわらかく仕上がりますよ。では、早速「2ステップとんかつ」をつくってみましょう!

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

料理研究家・行正り香が5年の月日をかけてつくり上げた、絶品の肉レシピがここにある!

この連載について

初回を読む
肉の本 今夜は、お肉を食べよう。

行正 り香

大の肉好きである料理研究家・行正り香による、肉好きの、肉好きのための、肉のレシピ。話題の「ポンドステーキ」(アメリカでメジャーな500gぐらいの大きな肉でつくるステーキ)や、とんかつ、しょうが焼き、角煮など肉料理の定番など、「食べたい...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ikb 室温に戻した1.5cm厚の豚肉を、衣をつけて170度で表裏4分ずつ揚げる、5分余熱。… https://t.co/4kaZhfDS7B 9ヶ月前 replyretweetfavorite