アスリート支援にはオトナの智恵が必要。情けは人のためならず。

女子アイスホッケーの環境整備には継続的な投資が必要だ。スピードスケートが世界レベルを維持しているのも、経済人のバックアップがあってこそ。フィギュアはアイスショーなでも普及促進している。アイスホッケーでは苫小牧東高校が女子アイスホッケー部を作る。新しい動き。【小説の展開】アメリカでの仕込みは終わった。ベガスの連中が乗ってくるか。餌に食いつくのを待つのみだ。

*主人公の無瓢 庵(ムヒョウ アン)。背番号99。23歳。アスリート&中華料理のシェフ見習い。実際の女子アイスホッケー代表チーム「スマイルジャパン」に架空のアスリート、アンが参加して物語は進みます。

重要な脇役たち
•無瓢 伊織(ムヒョウイオリ) 庵の祖父、ミツホシホールディングス相談役
•竹田 綱一  スポーツ貴族 日本オリンピック協会理事
•和久井シェフ  中華豊楽オーナーシェフ
•堤下 清 西部グループ総帥
•鬼塚 啓太  西部不動産社員 品川イエローラビッツ選手
•飯山 健司 スマイルジャパン監督
•キャロリーナ  スマイルジャパンコーチ オリンピック金メダリスト
•六反田監督  品川ピンクラビッツ監督
•大山 志帆  スマイルジャパンキャプテン
•藤崎 加奈 スマイルジャパンゴールテンダー
•フィリップ 庵のボーイフレンド
•裕美江 銀座のキャバ嬢
•ジョセフ ロサンゼルス サープラス社重役
•カレン ジョセフのパートナー
•ランボー シークレットサービス
•グレツキー アイスホッケーの伝説的選手
•ロバタイユ 元ロサンゼルスキングスキャプテン
•ヤリクリ フィンランドアイスホッケー界の英雄
•ベーコン 老齢の元ロサンゼルスキングス選手
•サージョン 老齢の元ロサンゼルスキングス選手
•オードリー ラスベガス オードリーグループ会長
•フェルナンド  オードリーグループ参謀 元ギャング

27.ジョーはアイスホッケー界の伝説、ウェイン・グレツキーを奇策チームに引き込んだ

 ビバリーヒルズで一週間過ごした。
「ヒルズ族ですね」
 帰国の日、ロサンゼルス国際空港へ向かう車の中で、小手鞠が言った。
「しゃれのつもりか。六本木ヒルズじゃない、とでも言いたいのだろう」
 小手鞠はアメリカでは有名人で、明るくて人が良いらしい。
「空手のチャンピオンらしいじゃないか。なぜ秘密にしておったのだ?」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
小説「スマイル」。女子アスリート冒険物語

松宮宏

「スマイルジャパン」に架空の選手「アン」を加えて進む小説。アメリカでアイスホッケーに出会った「アン」はジュニアを経て全米大学選手権で活躍する。日本代表はアンを帰国させるがソチは全敗、アンが所属する事になった社会人チームもリンク閉鎖の危...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hmatsumiya 冬季オリンピックで始めて知った競技も多いでしょう。知ることが支援です。 https://t.co/SCsQR6riI9 2年以上前 replyretweetfavorite