“天才”が努力の対象に選ぶもの

東大を首席で卒業、財務官僚、弁護士など、華々しい経歴を持つ山口真由さん。自身のキャリアを「才能ではなく、努力を続けることでつかんだ」と断言する彼女が語る、「努力を技術化し、天才的成果を上げるためのメソッド」を連載「天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある。」でご紹介します。

大人になってから「足が速くて素敵」とは言われない

「人は、何かひとつの対象を選んで、それに対して一生懸命努力すべき」

 これが私の持論です。私の場合には、その対象はスポーツでも芸術でもなく、勉強でした。

 私はもともと運動が大の苦手でした。そのため、消去法的に勉強を努力の対象にするしかなかったのです。

 小学校の人気者は、運動のできる子と決まっています。わかりやすくいえば、足の速い子が男女ともに人気です。足の遅い私は、徒競走で「等外」しかもらったことがありません。もっともつらかったのはクラスリレーです。

 小学生のときの私は、身長が高かったのですが、私の学校のクラスリレーはなぜか背の順で、身長の低い男の子から走り始め、一番身長の高い男の子までバトンを繫ぐというものでした。続いて身長の低い女の子が走り始めて、全体のアンカーはなんと、背の順で一番後ろの私だったのです。

 バトンを受けて走り出した私は、他のクラスのアンカーたちに次々と抜かれていきました。その日のクラスの子たちの視線がとても冷たかったのを覚えています。

 こういったこともあって、速く走る努力はそこそこに、私はその代わりとして、努力の対象を勉強に向けました。

 これが、結果的に私の人生を大きく動かしました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

普通の人に天才的成果をもたらす科学的根性論の神髄

この連載について

初回を読む
天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある。

山口 真由

東大を首席で卒業→財務省官僚→弁護士→ハーバード留学という経歴を持つ山口真由さん。山口さんいわく、「私は天才ではない。普通の人」であり、「天才的な成果をあげることができるのは、努力を続けられる人だけ」という。努力を続けることこそ、最も...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 2年弱前 replyretweetfavorite

yuu8754 何を努力の対象にするか、本当に大事ですな。 https://t.co/E12S1D7hgs 2年弱前 replyretweetfavorite

tensaicreator これ、そうか?w https://t.co/MgKSdFzrvj 2年弱前 replyretweetfavorite

yana87try 何を努力の対象にするか、ほんとに大事ですな。 2年弱前 replyretweetfavorite