巨大組体操は誰のため?

不道徳なお母さんライターが、日本の「道徳」のタブーに踏み込み、軽やかに、完膚なきまでに解体! 歴史をさかのぼり、日本人の「道徳観」がどのようにつくられていったか、その過程をさぐります。今回のテーマは、どう考えてもリスクしかない運動会の「巨大組体操」。その起源は、やはり明治の「兵式体操」にありました。組体操だけではありません! あの競技もこの競技も、兵隊精神を育む目的で始まったものだったのです……。

誰も得をしない不条理な組体操

二分の一成人式と同様に、ここ10年で急速に広まって問題視されている学校イベントに巨大組体操がある。組体操の問題はわかりやすい。後遺症が残るほどの事故が毎年のように起きているからだ。子供からの感謝でイイ気持ちになれる二分の一成人式と違って、我が子が大けがするリスクを負ってまで組体操で感動したい親は、さすがに少数派だと信じたい。

先生にしたって、指導がめんどうなうえに訴訟リスクがバカ高い組体操なんて、できれば避けたいと考えるのが普通ではないだろうか。

一見すると子供にも保護者にも先生にも利益がなく、リスクだけは異常に大きい巨大組体操が瞬く間に全国に広まったのは、まったく不条理に思える。こちらも黒幕がどこかにいるのだろうか。

組体操をやらせたがる「地域」とは

組体操の話題を追いかけても、いまいち誰がやりたがっているのかが見えづらい。先生は「やめたくても保護者ウケを考えるとやめられない」というし、保護者は「組体操をやめさせたいが学校が取り合ってくれない」という。経験者はもちろん「つらかった」と語る。あるとき、組体操の記事のコメントでこんなツイートを見かけた。「うちの地域では『保護者ウケがいい』ではなく『地域ウケがいい』だった」。「地域」、子供が小学校に上がったとたんやたらと目にするワードだ。

小学校の運動会では、観覧正面側がテント付き、椅子付きの「来賓席」「敬老席」に占拠されていることが多い。父母会役員の誘導で正面の席をクラスごとに譲り合って鑑賞していた保育園の運動会とは、だいぶ様子が異なる。小学校でPTA役員がすることといえば、来賓へのお茶くみ接待で、我が子の競技を見損ねてしまうほど忙しいという。まるで運動会自体が、地域の有力者接待のために存在しているかのようだ。

江戸時代は書道ライブが運動会代わり

『近代教育の天皇制イデオロギ—明治期学校行事の考察』(山本信良、今野敏彦)によれば、子供が競い合う姿を地域住民が鑑賞したがるのは、今に始まったことでもないようだ。江戸時代の寺子屋では、「席書」と呼ばれる書道大会が一大イベントだった。晴れ着を着た子供たちが、前もって練習しておいたお手本通りに大筆をふるって書を完成させる。この日は父兄のみならず地域住民が多数集い、戸外から師匠や子供たちのテクニックを品評する。盛んなところでは周辺に縁日が立つこともあったらしいから、現代の運動会以上の盛り上がりだ。

運動会ではなく書道ライブなのは、寺子屋には体育がなかったからである。藩士の子弟の教育機関である藩学でこそ、武士の教養として武術の稽古が重視されたが、寺子屋では習字がメイン教科で、子供たちが自主的に始める遊びが体育代わりだった(そのうちの一つである綱引きは、今も運動会に引き継がれている)。

明治期に学制が敷かれても、すぐに体育や運動会が根付いたわけではない。設立当初の小学校には運動場は整備されておらず、明治10年頃までは体育といっても、戦争ごっこや相撲など、寺子屋と変わらない遊戯でお茶を濁していた。知育重視だった明治10年代までの小学校において、地域住民が集まるメインイベントは、習字、作文、図画、裁縫、編み物といった生徒の作品を展示する「教育展覧会」だった。西欧の理化学器械、博物学標本、幻燈なども一緒に展示されていたというから、ちょっとしたミュージアムみたいなものであったのかもしれない。子供たちも賞品や称賛目当てに徹夜で作品を仕上げたり、親が手伝ったりと気合をいれていたらしい。

運動会普及のきっかけは「兵式体操」

国家の教育方針が知育重視から徳育・体育重視に変化する明治中期より、全国の小学校に運動会が普及するようになる。そのきっかけは、初代文部大臣・森有礼が小学校に軍隊の規律と秩序をもたらすべく導入した「兵式体操」である。

「従順ノ習慣」「相助ノ情」「威儀」(「兵式体操ニ関スル建言案」明治20年)を養成する兵式体操の披露の場には運動会がふさわしいと考えた森有礼は、全国の学校を巡視して運動会の開催を奨励した。大臣や政府高官がやってくるということで、各地の小学校はあわてて運動会を開催することになった。

初期の学校には運動場が必須ではなかったため、野原や海辺、丘、寺社など学校から遠く離れたところで複数の小学校が合同で行う連合運動会が主流だった。子供たちはラッパを吹き鳴らしながら隊列を作って会場へと移動する。これも兵式体操の実践となった。会場で行う競技も、綱引きなどの従来からある子供の遊戯のほかに、徒手体操といった兵式体操由来の体操が取り入れられていた。今も運動会で軍隊のような行進を訓練させられるのも、スポーツ技能を競うより見世物の要素が強いのも、個人競技より団体競技がメインなのも、当時の名残だろう。小学校運動会はその起源からして、学校が子供たちに従順さと団結心を仕込んだことを偉い人に披露するためのイベントだったのだ。

それでも運動会は娯楽の少ない子供たちにとっては楽しいイベントだったし、親や地域住民にとってもそれは同様だったろう。初期の運動会のメインは、合戦を模した「旗奪」だ。子供たちが紅白など何色かの軍に分かれ、旗に仕立てた竹を自分たちの陣地に数十本立てる。それらを隊列を組み、口で鉄砲の音を出しながら奪い合う競技である。当時は学校対抗運動会だったこともあり、地域住民も観覧して町ぐるみ村ぐるみで子供たちを応援していた。近所のちびっこたちの合戦を応援するのは、作品をただ眺める展覧会より楽しい娯楽であったに違いない。今でも運動会が紅白で競い合うゆえんだろう。

一方、明治18年に東京大学で行われた運動会は、陸上個人競技や球技スポーツをメインとした欧米の競技会のような体裁で行われている。エリート校の運動会は、純粋に運動技術を競いあうものだったようだ。余談だが、戦前まで旧制中学だった私の出身高校の体育祭は、練習も行進も一切なく、運動技能に長けた生徒によるアマチュアスポーツ大会に近いものだった。中学までの運動会との違いに驚いたものだが、今思えば、旧制中学に通うエリート男子は調教の対象ではなかったということだろう。

軍艦を焼いたり中国兵の凧を飛ばしたり

明治20年代半ば以降、子供の遊戯に軍隊の行軍要素をプラスした運動会が少しずつ変化する。背景に、森有礼の中央集権的・国家主義的な教育政策と日清戦争があった。

教育勅語発布の翌年に制定された「小学校祝日大祭日儀式規程」は、天皇にちなんだ記念日に、小学校で御真影(天皇,皇后の写真)への最敬礼と教育勅語の奉読、校長の訓話、合唱などを含めた儀式を行うことを定めたものだ。海外の小学校に比べ、日本の小学校に画一的でおごそかな儀式が多いのは、この規程の影響であると考えられる。

儀式が義務付けれられた祝祭日のひとつに11月3日の天長節(明治天皇の誕生日)があったことから、気候のいい天長節に運動会を行う小学校が増えた。日清戦争中の明治27年11月に行われた三樹小学校(兵庫県美嚢郡)の天長節運動会は、こんな段取りで進められた。

教育勅語奉読
御真影を拝む
午後 運動会スタート
敵国軍艦の模造品2隻を児童が焼く
警官の消防演習

軍艦を焼く運動会って何!? と驚くが、天皇誕生日を祝すものものしいイベントとなったこともあって、来賓は群長、警察署長、町長、学務委員、群吏、警官、裁判所吏員と、地元名士が勢ぞろいしている。もちろん地域住民の参加も多かった。明治28年に青森県の小学校で行われた「碇ヶ関尋常小学祝捷大運動会」では、子供たちが進軍ラッパとともに軍歌を歌いながら行進し、数百の中国国旗を風に飛ばす。凧を中国の敗走に見立てたこの出し物に、数千人の見物人が拍手喝さいしたという。続いて行われた中国兵の首に擬した丸い凧を風に飛ばして笑い物にする出し物は、さすがに悪趣味が過ぎるように思えるが、当時はバラエティ番組のような感覚で受け止められたのだろうか。地域対抗の戦争ごっこだった運動会は、国家間の戦争と結びつけられ、ムラの祭りがもたらす帰属意識を国家へと拡大するイベントとして機能するようになった。

楽しいナショナリズム運動会

明治33年の小学校令で屋外の体操場設置が必須になったこともあり、明治30年代後半からほとんどの小学校で運動会が行われるようになる。明治37年刊行の『各種学校運動会競争遊戯全集』を見ると、「二人三脚」「百足競争」「騎馬競争」「障碍物競走」「綱引き」といった運動会の定番競技がすでに誕生していることがわかる。『運動会と日本近代』(吉見俊哉、白幡洋三郎、平田宗史、他)によれば、初期の中学校の運動会でニワトリを捕まえてシメる競技「家鶏争奪競争」を実施したところ、客席にニワトリが逃げ込み大騒動になったそうだから、試行錯誤を経て校庭で実施しやすい競技がこの頃に固まったのだろう。

校庭で軍艦を焼くのはさすがに無理としても、「軍艦競争」「武装競争」「城の占領」「凱旋」「航海競争」「名誉の大将」「戦闘遊戯」と、軍事色豊かな競技も目立つ(障碍物競走も、もともとは軍隊の教練用カリキュラムである)。また来賓の控所は決勝点の近くに設置すべしという注意書きもあり、「運動会は第一に来賓に見せるもの」という意識もすでにあったようだ。運動会は地域ぐるみの楽しいお祭りとして民衆を集めてそのエネルギーを軍国主義や天皇制へと吸収し、併せて地元の有力者の威厳を示す重要なイベントになった。

組体操の元ネタは兵式体操の人間はしご

大正以降、兵式体操は「教練」と名前を変え、第二次世界大戦の激化で運動会がなくなるまで、運動会の花形であり続けた。

運動会のきっかけとなった兵式体操は、どのようなものなのか。『兵式体操教範』(明治40年)を眺めていたら、「人梯」という組体操の人間ピラミッドのような体操を見つけることができた(図1)。これは戦場で高い崖などを乗り越えて進軍するための訓練らしいことが、図2からわかる。

    (図1)人梯図1

     (図2)人梯図2

この「人梯」は、明治45年の鳳鳴義塾(現・兵庫県立篠山鳳鳴高等学校)の運動会プログラムや、おそらく大正時代に撮影されたとおぼしき「函館師範学校創立記念第三回陸上大運動会」写真、昭和17年の広島陸軍幼年学校の運動会写真にも登場しており、戦前から運動会の出し物になっていた(写真ではいずれも3段タワーである)。組体操は、なんのことはない由緒正しき兵式体操の復活だったのだ。

ということは、巨大組体操は国家による戦前回帰ムーブメントの一環? 集団のために命をかけられる兵隊を養成していることを偉い人に見せるためのもの? いや、それはさすがに単純すぎる見立てだろう。10代半ば以上の将校候補生が通う陸軍幼年学校ですら人梯は3段だし、むしろ戦前の当局は過剰に祭礼化した運動会を批判し、授業そっちのけで準備に時間を割くことを戒めていたからだ。たぶん目的は、現代ならではのものである。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
不道徳お母さん講座

堀越英美

核家族化で家庭教育はダメになった? 読み聞かせで心を育てるって……本当に? 日本で盲信されてしまっている教育における「道徳」神話の数々。そのすべてを、あの現代女児カルチャー論の名著『女の子は本当にピンクが好きなのか』でセンセーションを...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

RetirementSemi せいぜい「高さ4,5メートルの壁を乗り越えるために3段で立って協力し合う」みたいな目的も明らかだったりするし。 https://t.co/tUCgOqSh8j 29日前 replyretweetfavorite

nafu_mofu 江戸時代の書道ライブの話、面白い。 |不道徳お母さん講座|堀越英美|cakes(ケイクス) https://t.co/AoVjJdbBVR 約1年前 replyretweetfavorite

kiq 無料公開のとこだけでも読み応えあり。組体操強制はナシ / 他2コメント https://t.co/UENCHZGn55 約2年前 replyretweetfavorite

kiq 無料公開のとこだけでも読み応えあり。組体操強制はナシ / 他2コメント https://t.co/UENCHZGn55 約2年前 replyretweetfavorite